妄想 起業日誌 (10) 65才からシニア生活第2段階へ 

妄想 起業日誌 (10) 65才からシニア生活第2段階へ 

昨年65才になってから、生活が変化、最近やっと落ち着いてきました。

(1)会社生活

・65才から会社と雇用契約を改定、週2日勤務で給料は半分以下になりましたが、自由な時間が増えました。

また、税金や社会保険料が徐々に安くなりました。

(2)年金

・60才からわずかな年金をもらっていました。在職老齢年金制度で給料と年金の合計が月額で28万円(今は47万円)を超えると年金がカットされるのです。

・65才になったら、給料も減り、限度額も増えるから年金カットされなくなり、満額で年金もらえるなと期待していたら、違いました。今もらっている給料額ではなくて、前1年間の平均(標準報酬月額)で計算されるので、カット額が一挙になくなるのではなく、徐々に減っていく感じです。

・1年かかってカット無しになりました。社会保険料も同様で徐々に減っていきました。

年金はいつから、いくら貰えるか調べたら、衝撃の事実が

 

(3)収入

結論からいうと、妻の国民年金を含めると、世帯の手取りベースでは、収入はほとんどかわりません

税金や社会保険料の減少が大きいからです。

実は、私の国民年金は、繰り下げて受給していません。事前の検討で税率や社会保険料を下げるためです。

また70才まで働き、繰り下げれば国民年金が1.5倍に増えるという楽しみもあります。

所得税の税率や社会保険料(特に厚生年金)のランクなども参考に決めるといいです。

つづく....

 

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter