money

65才になると、介護保険料が天引きされなくなり、急に高くなるんですね

  • 2020.08.07

介護保険料を試算してみました。 私は64才であと1年もすると年金がフルにもらえるようになります。 最近、65才になったらどうしようかと考えるようになりました。 今の職場は、65才まで雇ってくれる契約です。 65才以降も勤務日数(週3日?)を減らして今の給料の半分ぐらいで雇ってくれないかなと思ってます。 介護保険料について まもなく団塊の世代が後期高齢者になることもあって、介護保険が大変のようです。 […]

年金制度改正案が可決、いつから実施されるか整理してみました。

  • 2020.06.02

コロナ対策ばかりが注目されてますが、年金制度改正案は、2020年5月29日の参議院本会議で可決、成立しました。 63才、再就職サラーリーマンの私が関係ありそうな点を整理してみました。 改正概要は、以下のリンクにあります。 https://www.mhlw.go.jp/stf/topics/bukyoku/soumu/houritu/201.html   在職中の年金受給の見直し ① 在職中の老齢厚 […]

年金を繰り下げても、増えないケースがあるので注意!!

  • 2020.04.23

年金制度の改正案では、75才まで繰り下げできるようになりますが、せっかく繰り下げても増えないケースがあります。(え~)   繰り下げの注意点 65歳から始まる老齢年金の受給を遅らせると、遅らせた期間に応じて年金の金額が増えます。 例えば、70才から受け取るようにすると、年金の金額が42%増えます。さらに改正案のように75才までだと84%も増えます。 これを「年金の繰り下げ受給」と言います […]

年金改定で私の年金はどうなるか(2)在職老齢年金制度の見直し

  • 2020.04.22

年金カットの基準が緩和されます。しかし2022年4月施行だと私は対象になりません。(涙) 在職老齢年金制度とは 以前の年金制度の改正で年金の支給を60才から65才に変更しました。現在経過措置として徐々に支給時期を遅らせています。私は、62才から支給( 特別支給の老齢厚生年金 )です。 男性は2025年度まで、女性は2030年度までの経過的な制度で 、まもなく対象者がいなくなります。 60才で一旦定 […]

年金改定で私の年金はどう変わる(1)在職定時改定

  • 2020.04.21

年金改定で年金をもらいながら働くと、もらえる年金が 毎年 増えるようになります。うれしい・・ 2020年金改定案について 今年(2020年)年金制度の改定案が審議されます。国の資料によるとポイントは3つです。年金を貰いながらも、働くことを念頭においた改正案のように思えます。 ・厚生年金に加入できる人が増える ・60~64歳で働きながら年金をもらっている人は、支給停止の基準額を28万円から、「47万 […]

定年後再雇用や再就職した人にも退職金が出るかもしれない

  • 2020.04.20

4月1日から法律が施行(中小企業は2021年から)され、正規職員と非正規職員との 不合理な待遇差が禁止され、同一労働同一賃金 を実現するためのガイドラインが出されています。 定年度、期限を決めて再雇用されたひとは、有期雇用労働者といますが、この原則が提供されます。 この改正に合わせて、それぞれの会社では、賞与など社内規定や規則の改定が行われています。 現状では再雇用者に退職手当を出す会社は、ほとん […]

札幌の住宅事情(広くて、家賃が安い)21大都市で比較

  • 2019.11.13

5年ごとに実施している「住宅・土地統計調査(総務省)」の札幌市分が公表されました。他の大都市と比べてどんな特徴があるのでしょうか 概要 政令指定都市(20市)と東京都区部を加えた21大都市の比較です。 ・札幌の住宅総戸数は、105万戸で、年々増加。空き家は12.5万戸、率は11.9%で平均よりちょっと下(13番目)。 ・空き家のうち、賃貸住宅が7.6万戸と多い ・空き家の戸数が多いのが東京都区部5 […]

節税:確定申告で損失を繰り越そう(FX編) 

  • 2019.01.16

昨年、FX(外国為替証拠金取引)で安くなったトリコリラを買ったところ、さらに値下がりが止まらず、損失がでました。副業や小遣い稼ぎでやってる人は、確定申告するといいですよ。 逆張りは、危険 昨年の春、トルコリラが史上最安値を更新したとニュースになりました。 またあるサイトで高金利通貨であるトルコリラのスワップ(預金利子のようなもの)を使った投資法の記事を読んで、買ってみました。 当時のトルコリラのレ […]

節税:確定申告で税金を取り戻そう(医療費控除編) E-taxは便利ですよ

  • 2019.01.15

E-TAXで確定申告すれば、簡単です。今年から「IDパスワード方式」が可能になってICカードリーダーも電子証明書もいらなくなりました。住民税も安くなります。 医療費が10万を超えれば、医療費控除できます ・1月1日から12月31日までの医療費が対象です。 10万円を超えるのは、難しい思われるかもしれませんが、少しの手間で意外と積みあがるものです。 ・対象者 自己又は自己と生計を一にする配偶者やその […]