電子書籍の便利な使い方を忘れないように、メモしときます

最近、電子書籍を利用している人が増えているような気がします。

紙の本にはない、電子書籍の便利な使い方があるようです。

やってみようかなということをメモしときます。

私の読書

紙の本や雑誌は、書店であまり買わなくなりました。書店や著者の皆さんすいません。

ブックオフやメルカリで買ったりしてます。

気になった本は、札幌市中央図書館のホームページで検索予約し、図書情報館で受け取り・返却しています。

また、図書情報館には、相変わらず入りびたっていて、ビジネス書を読書しに行ってます。

電子書籍は、アマゾンのkindle unlimitedに加入していて、読み放題なので週5冊ぐらい読んでます。

メモ1 スクリーンショット+EVERNOTE

電子書籍を読んでいると、ここはメモしておきたいと思うことがよくありますが、

尾原 和啓さんの「どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール」には、こんな方法がありました。

さらに、電子書籍ならではの利用法として、「このページが気になる」と思ったら、どんどんスクリーンショットを撮っておくという方法もあります(ページを画像として認識するという意味では、「フォトリーディング」そのものです)。

電子書籍は不正コピー防止のために、テキストのコピーが原則できないようになっていますが、スクリーンショットで写った文字列は、エバーノートに入れておくと自動認識してくれるので、あとで検索することもできます。トントントンとページをめくって、パシャパシャとスクリーンショットを撮り、エバーノートに放りこんでそこで全文検索をかける、という使い方が便利です。

 メモ2 ハイライト機能+SNS連携

Kindle本は、kindleアプリやkindle端末でしか読めませんが、気になったところをマーキングできるハイライト機能があり、SNSに簡単に投稿できます。

和田 稔さんの「本好きのためのAmazon Kindle 読書術」です

ハイライトはマーキングして見返すだけでも、それなりに役立つ機能ですが、それ以外にもアウトプットに活かすことができます。

KindleにはFacebookやTwitterと連携する機能があり、Kindleでハイライトした部分をSNS上で、コメントをつけてつぶやくことができるのです。SNS連携はKindleのアプリやPaperwhiteの場合、設定画面から簡単に行えます。

設定が完了した状態でつぶやきたい文章を見つけたら、ハイライトをつけてシェアボタンを押します。

一言コメントをつけてつぶやくことが可能なので、本の備忘録としても活用できます。

メモ3 読書記録

前に読んだ本を、また買ってしまい途中で気が付くということが最近多くなってきました。↑の和田さんは、「メディアマーカー」というウェブサービスをつかって、購入記録や読書記録を管理しているそうです。

※今年1月にサービス停止 サービス停止で途方に暮れている人も多いようです。

最後

最近一番やってみたいのが、勝間和子さんのブログに載っている

「Audiobook自炊」です。

katsumakazuyo.hatenablog.com

kindle端末には、読み上げ機能があるので、本をICレコーダーに録音し、データをPCで加工して(audiobookにして)、ネックスピーカーで聞くというものです。

これは、実際に自分で体験してから、記事にしたいと思ってます。

土地の境界について考えた。災害で境界がずれたら

地震による大規模な被害のあった清田区里塚地区ですが、札幌市の地元説明会の資料に液状化により土地の境界が動いたので、工事に先立って境界の復元が必要だとの説明がありました。

f:id:basara88:20190522172117j:plain
札幌市資料

そこで思ったのが、地球上のプレートは少しづつ変動しているのに、土地の境界とは何だろう?ということです。

疑問

・測量の技術が進化し、土地(筆)の各点には、地球上の座標が割り振られているから、機械的に復元できるのではないかとまず考えました。

しかし、法務局の見解では

・「広範囲にわたって地表面が水平移動した場合には、土地の筆界も相対的に移動したものとして取り扱う」

となっていて、どうも座標が絶対でもないようです。

 平成7年3月29日、民三第2589号法務省民事局長回答
1.地震による地殻変動に伴い広範囲にわたって地表面が水平移動した場合には、土地の筆界も相対的に移動したものとして取り扱う。
2.なお、局部的な地表面の土砂の移動(崖崩れ等)の場合には、土地の筆界は移動しないものとして取り扱う。

また、災害復旧にあたっては、境界の目印となるものの保存に留意するようにと注意喚

起されています。

平成28年4月21日法務省民事局 災害復旧における境界標識の保存について

 平成28年熊本地震による被災地において,今後,がれきの除去や倒壊家屋等の撤去等の復旧作業が見込まれるところですが,復旧作業に際しては,土地にコンクリート杭,金属鋲などが埋設されていないかどうか注意するようお願いします。
これらは,土地の境界を示す「境界標」であるかもしれません。
境界標は,たとえ地震により位置がずれていたとしても土地の境界を特定するために役立つもので,紛争の予防・解決にも重要な役割を果たします。今後の被災地の復興のために,可能な限りその保存が図られるよう配慮をお願いします。
境界標識のほか,塀・石垣の基礎部分や側溝なども土地の境界を特定するために役立つものですので,可能な限りこれらの保存についても,留意されるようお願いします。

 復元に際して考慮しなければならないもの

どうもはっきりしないのは、法務局に登記してある図面(地積測量図)の土地と所有権上の土地が一致していないことが原因と思います。

従前、地積測量が行われ、境界がきちんと整備されていれば、復元は早いでしょう。

一致しない原因としては

・もともと境界がはっきりしていなかった。紛争があった。

・地形や地物を目印にしていたが、時間の経過とともに目印がなくなった。

等が考えられます。

境界がはっきりしない地域では、時間をかけて関係地権者が合意できるような方法でまとめるしかないでしょう。

例えば

土地の形状や位置が多少法務局の図面と変わっても

・従来から境界として認識されている塀や境界石などの目印を手掛かりにする

・面積が減らないようにする(減る場合は公平に減らす)

・道路の位置が変わって塀などが飛び出るような場合は、確認書を締結し、建替えの時

に下げるなどです。

まとまって、登記を変更すれば、法務局と所有権の土地が一致するようになります。

まとめ

境界が確定できずに道路の位置が決まらず、災害復旧が大幅に遅れた例もあるそうです。

国土交通省では、土地や境界を確定させるため地籍調査をするように自治体に働きかけています。

災害対策は、身近なところからやっていくのも大事なんですね。

www.chiseki.go.jp

ギターが弾けるようになるのは、簡単ではない

ギターは最近売れていないようです。

その原因は、なかなか思ったように弾けるようにならないからです。

そこで、フェンダー社が初心者向けのオンライン・ギター・レッスンを始めました。

f:id:basara88:20190521111118j:plain

ダイヤモンドオンラインに載ったthe wall street journalの記事です。

米国フェンダー社のアンディ・ムーニーCEOへのインタービューです

diamond.jp

ギターの買い方が変わった

・プロ志向から個人で楽しむ人がメインに

業界ではかつて、ギターを始めるのは「ロックの神様を目指している人」との見方が多く、私もそう考えていた。今ではそうした理由でギターを手に取る人は1割に満たない。今ではギターを始める目的といえば、自室で1人気ままに楽しむこと。キャンプで友達と演奏することだ。

・ネットで買う人が増えている

 実店舗ではなくインターネットで購入する人が間違いなく増えた。私たちは、フェンダー製品の販売総数の約50%がネット販売だったとみている。

・女性ユーザーも増えている

 恐らく女性もある意味、業界の成長を主導している。新たにギターを買う人の約50%は女性だ。

女性は特に実店舗で買いたがらないようだ。ネットやソーシャルネットワークでブランドや製品について調べ、ネットで買う。

Fender社の戦略

・販売するギターの約45%は初心者向けで、その90%は1年目で断念する。

・断念せず残った10%の人は、生涯にわたり、1万ドルを投じてギターをつぎつぎ(平均5~7本)買ってくれる。

・断念する人を減らせば、もっとギターが売れるようになる。

・そこで、2017年から、初心者向けのサービス「Fender Play」を開始した。

フェンダー・プレイは初心者の離脱率を引き下げるための大型イニシアチブだ。

初心者をひきつけることには問題がない。問題は継続率だ。初心者の離脱率を10%引き下げるだけで、業界全体の規模を2倍に拡大できるかもしれない

Fender PLAYとは

 スマホやPCで、動画を視聴するタイプのオンライン・レッスンです。

ギター、ベース、ウクレレなどが選べます。

料金は、年契約、月契約があり、毎月千円前後です。

まとめ

ギターは中学生のころから、受験勉強もせず練習してたので弾けるようになりました。

当時は、フォークソングの大ブームでした。

ギターを買ったけど断念した人も多かったですね。

私は、エリッククラプトンのストラトキャスターに憧れてました。

大人になってから、ストラト買いましたが、つぎつぎにギターが欲しくなるのもよくわかります。

マンション暮らしの現在は、おもにウクレレを静かに弾いております。

札幌で熊に遭遇したらどうします

札幌では、雪が融けたころから、ヒグマ出没のニュースが流れます。

※札幌では今年4月~今日(5月10日)まで22件の出没情報がある

山菜取りにいった際に、クマの糞や足跡が見つかった、目撃したというケースが多いようです。

ちなみに、私は北海道の田舎に18年、札幌に44年住んでいますが、野生の熊に遭遇したことは一度もありません。

f:id:basara88:20190510094356j:plain
札幌市

札幌市の対策

今年の3月に、「子供版 さっぽろヒグマ基本計画」が札幌市で発行されましたので、これをもとに、ヒグマ対策について書いていきます。

f:id:basara88:20190509112927j:plain
札幌市

http://www.city.sapporo.jp/kurashi/animal/choju/kuma/sozai/documents/a5_higuma_plan.pdf

また最近、札幌市は、youtubeに啓発動画を投稿しています。

www.youtube.com

http://www.city.sapporo.jp/kurashi/animal/choju/kuma/

大都市なのに、札幌で熊が出没するわけ

札幌市域の3分の2を占める森林地帯に熊が生息しているので、市街地に出没するのは稀ですが、考えられるのは

・近年、熊の数が増えている

・札幌には、市街地と森林ゾーンが直接つながっている地域が多いため、迷った熊が出没したり、繁殖期にメスを追いまわして、あるいは、子熊が親とはぐれてなどのケースがあるようです。

ヒグマに出会ったら

めったに遭遇することはないと思いますが、ヒグマに出会ったらどうします?

札幌市のパンフレットには、

・ダメな行為:大声を出す、走って逃げる、石を投げる

背中を向けて走ると本能的に追いかけてくる

・対処法 多くの場合ヒグマが先に立ち去るので

熊の移動する方向を見定め静かに立ち去る。

と書いてありますが、このように冷静に対処できるか自信がありません。

死んだふりをする、とにかく走って逃げるというのは、だめなようです。

http://www.city.sapporo.jp/kurashi/animal/choju/kuma/sozai/documents/higuma_leaflet.pdf

基本的な対策(ゾーニング)

・人とヒグマが会わないために、ゾーニングで対処することが大事。

・人間が暮らすところ(市街地ゾーン)とヒグマの住むところ(森林ゾーン)を分ける

・森林ゾーンでは、ラジオや鈴を鳴らしたりして人がいることを知らせる

・市街地周辺ゾーンでは農作物の被害があるが、電気柵を設置したり、通り道を作らないよう草刈りをする。(進入を抑制する)

・市街地ゾーンにヒグマが出没するのはあまりないが、餌となるごみの管理をしっかり行う。

まとめ

札幌市では、森林ゾーンに接している6区役所に担当者を置いています。

市街地での目撃情報などがあると、警察や学校、町内会などと連携して広報や周知などに忙殺されるそうです。

特に、近くに通学路や公園などがあると、子供の安全を危惧する声が上がります。

一方、ニュースのいい映像になるため、マスコミの過剰な取材が行われます。

運悪く、クマを射殺せざるを得なかったときは、全国にその映像が流され、抗議の電話が役所に殺到したそうです。

北海道の資料によると平成30年度の人身事故は、3件(重傷1件、軽傷2件)でした。

熊への付き合い方といった基本的な知識は、子供のころから、知っておくことは大事でだと思いました。

札幌のシェアサイクル「ポロクル」が4月26日から、新システムで運用開始

以前紹介した「ポロクル」ですが、今シーズンからNTTドコモと共同して、新システムで10連休中の4月26日にサービス開始しました。

 経緯

昨年の12月にニュースリリースされてました。

NTTドコモとの共同運営試行実施について | ポロクル

これによると、

・ポロクルは、2011年にサービス開始したが、近年はシステムの更新・改修などが必要となっていた。

・ドコモはシェアサイクルの全国的な普及拡大を進めるため、新たなシステムを開発中で、札幌で試行実施を行い、全国の都市に展開させていきたい。

という両者の思惑がありました。

・試行実施の内容

2019年4月から2年間行う試行実施で、現在ポロクルが運営するサービスに、「サイクルポートの検索、レンタル予約・貸出・返却が簡単にできるアプリ」、「AIを用いた自転車再配置の最適化」といったドコモが開発中のシステムのほか、工事不要で簡易に設置できるサイクルポートや電動アシスト自転車を導入し、持続可能な事業に向けた検証を行います。

f:id:basara88:20190508133651j:plain
ポロクル

2か年の試行実施後は、運営方式・収益性などを検証し、事業継続するか判断するそうです。

 

新しいサービス内容

営業時間を拡大 貸出は7:00~21:30、返却は7:00~22:00

・全車電動アシスト付き自転車(ブリヂストン社製(20インチ)350台)

・工事不要の簡易型のポートに ※台数はアプリで確認できる。

アプリで会員登録やポート情報確認等ができる

自転車利用の予約が可能に

・料金は、個人プラン、1日パス、法人プランの3種類。

個人プランは2種類で、1回会員(最初の60分=150円、超過後加算)、月額会員(1,800円/月、最初の60分==無料、60分を超過後加算)。

1日パスは、当日何回でも貸し出し・返却が可能。観光案内所やホテルなどで購入1,500円、コンビニエンスストアで購入1,300円。

法人プランは超過料金のありなしで、基本料金4,000円/月か2,000円/月

f:id:basara88:20190508142156j:plain
ポロクル
f:id:basara88:20190508142228p:plain
ポロクル

詳しくは、こちらで

ポロクル

災害復旧と不公平

5月6日の北海道新聞に以下の記事が掲載されました

専門家「公平性欠く」

 胆振東部地震は6日で発生から8カ月がたったが、札幌市内では、液状化による被害が新たに見つかるケースが相次いでいる。市内で液状化が集中的に発生した地区は計6カ所。市は最大規模の被害が起きた清田区里塚で宅地の地盤改良工事に近く着手するが、ほかの5カ所では対策を取らず、住民に自力再建を求めている。専門家からは公平性に欠けるとの指摘が上がっている。(北海道新聞)

宅地液状化、相次ぎ発見 札幌市「自力再建を」 里塚は特例で公費投入 専門家「公平性欠く」:どうしん電子版(北海道新聞)

地震による被害は、その財産を所有している人が、自分の費用で復旧するのが原則です。

しかし、困っている人を救済するのも、行政の役割です。

どこまでするべきなのでしょうか。

f:id:basara88:20190507114211j:plain
札幌市

液状化対策

NHKのwebニュースで市の対応を取り上げています。

去年9月の胆振東部地震では、札幌市清田区や北広島市でも大きな被害が出ました。住宅被害は清田区でおよそ2100棟、北広島市ではおよそ300棟に上ります。被害を受けた住宅をどう復旧させるのか。地震から半年が経過した今、共通して見えてきたのは、「行政による復旧の限界」です。(NHK)

NHK札幌放送局 | 地震半年 行政による災害復旧の限界

札幌市は、道路の復旧と沿線宅地の液状化対策工事(約50億円)を発注し、まもなく工事が始まります。

札幌市の復旧工事は被災者の支援が目的ではありません。道路の復旧に付随して宅地も直す“特殊なケース”と位置づけているのです。

実際、札幌市の秋元克広市長は、「公共工事をする際に民地と一緒にしないとできない。支援するというよりは、公共事業をするにあたって、民地に入らせていただいて同時に進めないといけないという特殊なエリアだ」と話しています。(NHK)

また、となりの北広島市では、対策工事に8億円かかるため、復旧を断念。宅地(11棟)を買い取り、緑地化する方針です。

両市で対応が分かれましたが、変わらないのは、「個人の住宅は個人で直す」という原則で、このことが、「行政による災害復旧の限界」であると述べています。

個人の感想

自宅マンションでもひび割れが発生し、玄関前が陥没しました。

札幌市の対応は、広い範囲で大規模な液状化が発生したため、道路を復旧するには一体的に対策を行う必要があるということでした。

NHKの報道では、「宅地がもとに戻っても、高齢のため住宅の再建は難しい」との住民もいます。

「個人の住宅は個人で直す」ということが原則であれば、個人の住宅再建のために義援金や見舞金、補助制度、地震保険などトータルで制度整備していく、必要があります。

北海道新聞の記事では、市の対応が公平でないと専門家に語らせていますが、どうもポイントがずれていて、違和感を感じます。

f:id:basara88:20190507132318j:plain
札幌市資料