TVが視られるSB製304HWをシムロック解除しました

災害の停電時に、ワンセグTVが役に立ったという記事を読んで、TVが視れるソフトバンク製304HWをシムロック解除しました。

昔、携帯やスマホにワンセグTVが受信できる機種が結構ありましたが、最近ではほとんど発売されなくなってしまいました。そういえば、ワンセグ・フルセグが受信できるモバイルルーターがありました。huaweiの304HWです。

304HWについて

・ サイズ  幅:101 mm縦:59.5 mm厚さ:15.9 mm重さ:約130 ちょっと重い
・スクリーン 2.4インチQVGAタッチ液晶

・通信方式  4G方式 (FDD-LTE / AXGP)、3G方式

・2400 mAhの大容量バッテリー

・ワンセグ、フルセグの地上デジタル方法が視聴できる

シムロック解除の方法

これまで、huaweiのモバイルルーターは、GL10P(ymobile)、HW-01F(docomo)を無料でロック解除してきました。

304HW(softbank)も同じ方法でシムロック解除できました。今回違ったのが、ルーターに解除コードを書き込む際に、 HUAWEI HiLink というアプリを使いますが、iphoneでは接続できず、ipadで書き込みが可能でした。原因は良く分かりません。具体的なやり方は、(下↓のほうにある)過去記事をご覧ください。

まとめ

 3000円前後でメルカリやヤフオクで売っています。

 SIM入れなくても(通信料なしで)視聴できるようです。私は、ルーター単体で視聴できると思ってましたが、ルーターがTVチューナーになって、wifiで接続されたスマホに視聴アプリ(「テレビ視聴」というアプリ)をいれて、スマホでみるという方式です。

つまり停電時には、充電されたルーター(304HW)と充電されたスマホが必要となります。そうなると、災害向きではないような気がしてきました。

普段の持ち歩きように携帯して、昼休み会社でTVを見るといいかなと思います。

フルセグでの受信は、かなり電波がいいか、外部アンテナをつながないとむずかしそうです。自宅や職場では、つながりませんでした。

実際に、docomo系SO-NETのSIMをいれたところ、3Gで接続しました(札幌)。B3に対応しているので東名阪地域の方はLTEで接続できるかもしれません。

次に、softbank系LINEモバイルSIMをいれると、LTEで接続し。高速で快適でした。

まあ、そんなに高い買い物でもないので、TVも視聴出来て便利かなというのが感想です。

気になるニュース:「はこだてトリエンナーレ 南北海道を旅する芸術祭」が日本鉄道賞の特別賞を受賞

最近、芸術祭が色々な意味で取り上げられていますが、道南の小規模な芸術祭が受賞するとは、嬉しいです。でもなぜ「日本鉄道賞」なのか調べてみました。

日本鉄道賞

国土交通省のホームページによると

日本鉄道賞は、「鉄道の日(10月14日)」に鉄道に関する優れた取組に対して行われる表彰です。大賞が1件、特別賞が3件です。

http://www.mlit.go.jp/report/press/content/001311015.pdf

ちなみに、(明治5年)10月14日新橋~横浜間に日本で最初の鉄道が開通したことを受け、毎年10月14日を「鉄道の日」と定めましたそうです。

受賞理由は、道南いさりび鉄道を軸に沿線でアートを展開したことのようです。

函館・みなみ北海道に、ゆかりのある人たちが作る約3年に一度のアートの祭典 として、この地域で暮らすこと・旅することを見つめるというテーマで「はこだてトリエンナーレ」が開催されてきました。2019年のトリエンナーレでは、沿線の作品を巡ることで、美術と触れながら「みなみ北海道」の風景や人との出会いを創出しました。 「はこだてトリエンナーレ」は、地域の自然や人、モノにアートという新しい価値を加えて、地域の未来への発展の可能性を示しました。ここに「旅とアート の融合による地域の未来創造」特別賞を授与します。

今回の受賞は「道南いさりび鉄道」「旅する芸術祭実行委員会」「hakodate+」の3者での連名受賞。同実行委員会は「同賞は、クリエーティブな取り組みについては『鉄道の魅力(楽しさや面白さなどを含む)を強く発揮している取り組み』『地域の活性化に大きく貢献している取り組み』の視点をもとに選考されている。アーティストと地域の人々が道南いさりび鉄道と協力して作ってきた『作品(アート)を巡る旅の中で列車に乗り、街や人と出会う』この芸術祭の取り組みの本質を鉄道の視点からも評価いただきとてもうれしく思う」とコメントを発表している

(函館経済新聞)

道南いさりび鉄道

新幹線が整備されると、それまであった在来線はJRの手を離れ、廃線するか、沿線の自治体が出資する第三セクター鉄道として運営されます。

2016年に北海道新幹線が新函館北斗駅まで開業しましたが、並行在来線である江差線は廃止され、五稜郭駅~木古内駅間が第3セクター鉄道「道南いさりび鉄道」として運行しています。

また、青函トンネルでは規格の違うJR貨物と新幹線が運行するという事情もあり、JR貨物のために在来線の一部を残さざるをえなかったようです。

芸術祭には、鉄道会社も企画段階から参加し、車内や駅舎でも展示など全面的に協力したそうです。

受賞についてのプレスリリース

道南いさりび鉄道

はこだてトリエンナーレ

芸術祭は、2009年に函館開港150周年を記念し開催した「アートフェス ハコトリ」を受け継ぎ、(3年おき?)実施されてきました。

2019年 開催概要

開催期間:  2019年6月28日(金)から7月21日(日)まで
会場:    函館市内、北斗市内、木古内町内 十数箇所
出展作家:  道内外から約30名
小テーマ:  夏の色 (道南の四季の色のうち、夏色)

感想

北海道の鉄道は、札幌圏を除いて経営が非常に厳しい状況です。

第3セクター鉄道は、さらに厳しいのではないでしょうか。しかし、なんとか残すことのできた資産です。

鉄道を利用するのはもちろんですが、観光やまちづくりに生かす、沿線の住民に愛着をもってもらうなど、地域にとって欠かせない鉄道になってもらいたいとも思います。

NISAでロールオーバーの手続きしました

私は、証券会社の回し者ではありませんが、NISAは株や投資信託の配当や売却益に税金がかからないとってもお得な制度です。適用期間の5年が経過するので、期間延長(ロールオーバー)の手続きをしました。

めんどうだなと思いましたが、とても簡単でした。

Csaba NagyによるPixabayからの画像

NISAについて

金融庁HP

株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。
NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。

・株式・投資信託等への投資から得られる配当金・分配金や譲渡益が通常 20.315%のところ非課税となる

・1人1口座で、 新規投資額で毎年120万円が上限 、 最長5年間 。(従って600万円まで非課税)

・期間終了後、新たな非課税投資枠への移管して継続保有が可能

ロールオーバーといいます。

証券会社の選び方

・窓口で買うと商品の勧誘などで、うるさいのでオンライン証券がよい

・購入手数料が無料

・商品が豊富。投資信託を買う人は、手数料の安いINDEX型商品を扱っている事

・入金、出金が自分の金融機関で可能

ロールオーバーの手続き

事前に、手続きが必要な商品や手続きのタイミングを証券会社のHPでチェックしていました。

でも、証券会社から、手続きの案内メールが届きました。

・HPで手続きの書類を請求

・郵送された書類に記名し返信

以上で手続き完了です。

私のNISA投資

・40才のころから、小遣いの一部を投信で積み立ててきました。しかし、購入後も信託手数料が取られるのがいやで、ある程度たまるとETFを購入。

・不動産投資は、リスクが大きいので、配当利回りのよいリートを購入

・最近は、株主優待めあてで、GMO(サーバー)、平和(ゴルフ)などの株を購入

税金がかからないのは、気持ちいいです。NISA口座以外でも特定口座にリートを持ってますが、配当の2割も税金が源泉徴収されてがっかりします。

NISAは、すべて非課税かと思ってましたが、米国株ETFの配当は現地アメリカで10%の源泉徴収をされ、NISAのルールは適用されませんでした。

海外では電動キックボードが大流行 乗ってみたい

今朝(10/11)の日経新聞の記事です。(残念ながら有料記事です)
Luup社の岡井大輝さんが書いています。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50841160Q9A011C1SHE000/

記事によると

・海外ではキックボードは、おもちゃではなく大人の乗り物として、急速に普及

・欧米では、シェアリングサービスが行われている。スマホのアプリで簡単に借りられる。

・速度が遅く、漕ぎ出さなくていいので、電動アシスト自転車よりも安全。近距離の移動に最適で3輪や4輪タイプであれば、高齢者の利用に向ている。

・道交法の規制(原動機付き自転車に該当)があり、公道では乗れない。国内では、複数の企業がどのようなルールが適切かの実証実験をしている。

さらに、調べてみると

・LUUP(ループ)社は、電動キックボードのシェアリングサービスを行う会社で、実証実験の事前登録を現在行っている。

https://luup.sc/

・フランクフルトやパリまでいって、乗ってきた人の記事です。便利だけど、何回ものるとちょっと高い、

https://www.businessinsider.jp/post-200199

しかし、日本では、やはりすぐ出来そうもないようです。

9月20日に東京でシェアスクーター(ガソリン型)のサービスを始めたオープンストリートは、当初は電動キックボードのサービスも検討していたという。それが一般的なスクーターになった背景を、担当者は「国交省と何度も話し合いを重ねたが、日本の法規制や安全面を考慮すると、電動キックスクーターのサービスを行うのは厳しい」と明かす。

また、クリエイティブジャパンという会社が、原動機付自転車として公道を走れる電動キックボード(Free Mile kick scooter)を作ってます。一般発売はしないで観光地でのレンタルを考えているそうです。

http://www.freemile.jp/

・公道では走れませんが、楽天やamazonでも売ってます。1万円台~15万円なので、電動アシスト自転車より安いですね。

感想

日本は、国民性なのか、「役所」頼みなので、事故やトラブルが起こった時、皆に文句いわれないようなルールにしてしまします。

海外で、行われているUberなどのサービスは、日本では困難なケースも多いです。

公道を走れないものは、電動自転車、電動一輪バイク、セグウェイ。非電動のキックボードも、交通量の多い道路では、禁止のようです。

道路交通法第76条4項3号において、「交通量の多い・頻繁な道路で、ボール遊び・ローラースケート、あるいはこれらに類する行為」を禁止しています。

なんとか、早く歩道を走れようにして欲しいです。

読み放題サービスのkindle unlimitedを解約しようしたら、6カ月2980円プランを提案された

最近、便利な図書館=市民交流プラザの図書情報館で本を読んだり、ブックオフで本買ったりしていたら、kindle本を読む時間が無くなってきたました。

amazonの読み放題サービス「kindle unlimited」をいったん解約することにしたところ、会員登録を6か月延長すると、2980円という特別キャンペーンを提案されました。

なんだか、スマホの解約を引き留めるキャリアのキャッシュバックの提案みたいだなと思いつつも、得な提案なので継続してしました。

Kindle Unlimitedとは

Kindle Unlimitedは、月額980円で豊富な対象タイトルの中から好きな本を好きなだけお読みいただけるサービスです。

但し、すべてのkindle本が対象ではありません。

Kindle Unlimitedに対応している本は、Kindle端末、FireタブレットおよびKindle無料アプリでご利用いただけます。

アプリを入れれば、スマホ、タブレット、PCで閲覧できます。本のデータは、azwという形式のファイルですがDRMで保護されているので、kindleソフトでしか読めません。

パソコンでcalibreというソフトを使えば、DRM解除やファイルの形式変換が可能のようです。

個人的には、携帯性、コスパからFire HD 8 をお勧めします。時々アマゾンでセールをやっているので、安くなった時に買いましょう。

本は、同時に10冊まで読むことができる。返却するごとに新たに借りられる。同じ本を何回も借りられますが、読み放題の対象本は、変わっていくので、次も無料とは限りません。

 

まとめ

6か月2,980円(税込み)は、一括払いです。

どのような、状況でこのキャンペーンが適用されのかは分かりません。

kindle unlimitedは、いいサービスだと思います。

プライム会員でなくとも申し込めます。30日無料キャンペーンもやっているので試してみてはどうでしょうか。

https://amzn.to/33aeSkh

 

勝間和子さんのkindle本のオーディオブック化、興味深いです

 

サーバーを引越しました

はてなブログproからzcomのwordpressサイト(このサイト)に引越しました。

理由は、wordpressを体験したかったのと、GMOの株主優待が使えるからです。

従来のはてなのサイトは、basara88.hatenablog.com

として、これまでの記事が閲覧できます。

新サイトは、これまで通り

http://www.basara88.work

です。

過去記事のリンクの変更作業が終わっていません。

現在、https→httpとSSLがかかってません。サーバーにキャッシュが残っていたりするとエラーがでるようです。

docomoのルーター「HW-01Fを自力でSIMロック解除しました

趣味のシムロック解除ですが、GL10Pと同様の方法でdocomoの「WI-FI station HW-01F」も可能でした。

きっかけは、メルカリでHuawei製ルーターのシムロック解除のコードを売っている人がいて、その対象機種に「GL10P」や「HW-01F」が含まれていたからです。

この方法でやれば、無料でロック解除できます。

HW-01Fの概要

発売日 :2014年3月22日、

LTEの800MHz/1.5GHz/1.7GHz/2GHzの4バンドに対応

IEEE802.11nの無線LAN規格に対応、最大通信速度は300Mbp

docomo製なので、SIMロック解除しなくとも国内では多くの格安SIMが使えます。

海外旅行で使う人は、SIMロック解除して現地のsimを入れるといいです。

ドコモショップでも有償で(3,300円)SIMロック解除してくれます。

中古品は、メルカリやヤフオクで2千円前後で手に入ります。

報道発表資料 : モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01F」を発売 | お知らせ | NTTドコモ

解除方法の復習

  • ルーターの裏カバーをあけて、IMEIやwifi接続のパスワード(key)をメモ(ルーター本体のメニューでも確認できます)
  • ブラウザ(safariなど)を起動し、ロック解除コードを計算するホームページ↓に行く 

Free Huawei Unlock code calculator online

  • IMEIを入力すると、アンロックコードが出力されるので(v201 code)をメモ
  • ルーターにロック解除コード書き込むため↓このアプリをスマホにインストール

HUAWEI HiLink (Mobile WiFi)

  • Huawei Device Co,. LTD
  • ルーターのスイッチをいれ、スマホとwifiで接続(パスワードは、先ほどメモしたもの)。
  • SIM(docomo以外なんでもいい、サイズはマイクロ、nanoSIMしかない場合はアダプタをつける)をルーターにセット
  • スマホでHilinkを起動ログイン(パスワード:admin)
  • ルーターのメニューを触ると「端末操作中・・ログインできません」となるので注意
  • 歯車マーク→デバイス→デバイスのロック解除→アンロックコード入力→解除

格安SIMのAPN設定

  • 使用するSIMの会社のホームページなどでAPNの設定方法を調べる
  • 格安simをルーターにセット
  • スマホとルーターをwifi接続
  • safariなどブラウザを起動して、アドレス欄に「192.168.8.1」入力
  • パスワード「admin」入力
  • プロバイダ設定→新規プロファイル→各SIM会社で調べたデータ入力→適用
  • ルーター本体のメニュー→APN設定→選択してOK
  • 回線をつかまないときは、Hilinkを起動→ネットワーク→ネットワーク検索してみる。
  • 4Gに固定するときは、優先ネットワークを「4Gのみ」にするとよい。

結果

この他にも、Huaweiの301HW、303HW、304HWも同様の方法でSIMロック解除できるのではないかと思います。

Huawei Unlock code calculatorでは、v201 codeのバージョンまでしか対応していないようなので、最近の機種は難しいのではないかと思います。