北海道初のラウンドアバウト交差点(新道交法対応)がまもなく完成

道南の国道228号上ノ国町大留交差点のラウンドアバウト化がまもなく完成し、10月には、完成する模様です。

https://www.hkd.mlit.go.jp/hk/release/mt6nfj000000amic-att/mt6nfj000000beq1.pdf
f:id:basara88:20190912100436j:plain
出典:北海道桧山振興局

ラウンドアバウト(環状交差点)の復習

以前の記事に書きましたが、復習です。

・1960年代から、イギリスで実用化され、世界中に広がっていった。(現代版ラウンドアバウト

日本では、道路交通法が改正(2014年施行)されて、環状交差点の通行ルールが設けられた。

・交差点の構造は、中央に円形の島(中央島)があり、その周りに一方通行のドーナッツ状の道路(環道)を配置。そこから環状方向に道路が延びている。

・環道へは徐行し左折で進入し、環道を徐行しながら走行し左折して交差点を出る
・環道内は右回りで走行する
・環道内を走行している車が優先

国道228号上ノ国大留交差点の事業

・この交差点は旧上ノ国駅(2014年廃止)に近接し、国道228号、道道、市道が交差。

・主な交通である国道が逆L型になっていて複雑な交通処理で事故が多かった。

・JR江差線廃止による旧駅前地区の活性化をはかりたい

などの理由から、国土交通省や地元が中心となって平成28年から事業が行われてきました。

f:id:basara88:20190912094425j:plain
googlemap

完成イメージ

f:id:basara88:20190912094549j:plain
国土交通省

まとめ

北海道初とのことなので、交通ルールに不慣れな状態です。

特に、歩行者や自転車利用者が戸惑うのではないかと思いますので、事前に体験会を実施するのは、いいことだと思います。

また、話はそれますが、信号機の無い交差点なので、災害時の停電でも円滑な交通処理
が可能となります。

地域の新しいランドマークとしてうまく活用してほしいと思います。

都計審で不同意となったその後

都市計画審議会で、議案が不同意になることは、めったにないことです。

前回1月の都計審で不同意となった議案の内容を見直し、再提案され同意されました。

どんなことだったのか、まとめてみました。

f:id:basara88:20190605125829j:plain
札幌市(八紘学園)

前回都計審の経緯

前回の都市計画審議会は、傍聴していてその様子を記事にしました。

・簡単にいうと 「都市計画の規制を緩和しすぎだ」、「この内容ではスーパーなどが建ってしまう」など意見が出されました。

市は、これまでの『大学、専門学校、専修学校、畜舎以外は建築してはならない』から『住宅、共同住宅、寄宿舎、下宿は建築してはならない』に変更した議案を示したが、この変更案が委員に、『住宅…下宿』以外ならすべて建築可能という疑念を抱かせる要因になったようだ。(出典:リアルエコノミー)

・道庁が反対にまわり、わずかの差で不同意となった。

このようなことから、いろいろな憶測が出ていました。

八紘学園(土地所有者:筆者注)はこれまで都市計画の変更には後ろ向きだったが、18年6月に理事長が交代、前向きに転じ、つしま医療福祉グループの土地活用策を受けて都市計画変更を申し出ていた。同医療福祉グループは、道が実施した旧月寒グリーンドーム跡地のプロポーザル提案入札を巡って大和リースと競合、落札できなかった経緯がある。今回は、隣接地の八紘学園所有地の一部を活用して進出する計画を進めていたが、道庁の待ったがかかった格好。かつて、道との関係が良好とされたつしま医療福祉グループ、両者に何があったのか波紋が広がっている。(出典:リアルエコノミー)

それでどうなった

6月4日都市計画審議会が開催されました。議案は、委員全員の賛成で同意となりました。

・前回(建てられないものを限定列挙)→今回(建てられるものを限定列挙)に案を変更しました。

www.hokkaido-np.co.jp

まとめ

この地区は、これまでも、色々な開発計画がありました。

・北海道が所有していた産業共進会館の売却意向を表明

・その一部を札幌市が、冬季五輪開催時のメディアセンター(開催後は産業振興施設を想定)として購入

・道が残った土地を、民間に売却する前提で札幌市に都市計画変更を依頼し、変更

・つしま医療福祉グループが購入するとみられていたが、かなり高い金額を提示した

大和リースが購入。現在、大規模な複合商業施設を建設中。

・その隣接地が今回の土地で、以前は札幌市が八紘学園から借地して雪堆積場としてつかっていた。

・つしま医療福祉グループが八紘学園から借地して校舎、病院、介護老人保健施設などを整備する。

・学校は、グループのメンバーである日本医療大の札幌市清田区と恵庭市の両キャンパスを移転・集約する計画

これまでも、商業施設などへの土地の貸し付けが行われてきて、八紘学園の土地が、どんどん開発されてきました。

今後も開発が進み牧歌的な風景が失われていくので、風致地区に指定する意味がなくなってしまいます。

うまく公民連携したいと、サウンディング型市場調査を実施する自治体が増えてます

自治体が民間事業者と連携し事業を行う場合、役所だけではいいアイデアがでなかったり、民間との条件が合わなかったり、現実的でない一人よがりの計画になってしまうことがあります。

このため検討の早い段階で民間事業者から広く意見や提案を求め、市場性の有無や活用のアイデアを把握する、サウンディング型市場調査を実施する自治体が増えてます。

f:id:basara88:20190417120240j:plain
まこまる(旧真駒内緑小学校跡利用施設)

 サウンディング型市場調査とは

発案段階や検討段階で民間事業者に広く意見、提案等を求め、「対話」を通じて参入意欲や活用方法、実現可能性、課題、参入しやすい条件等を把握する調査です。 (札幌市)

実際どのようなやり方なのか、札幌市の例を見てみると

(小学校の廃校後の土地建物の利活用の案件です)

●参加資格
対象土地・建物を買受け、活用を希望する法人又は法人グループ
※ 参加者は担当者を含め5名以内。

●参加申込み(予約制)
「エントリーシート」に必要事項を記入し申込期間内に市に提出
●調査(対話)の実施
市役所本庁舎内で1時間程度、アイデア及びノウハウ保護のため、個別に実施

また留意事項として
・参加による優遇はない
・本調査に関する費用は参加者負担
・ 追加調査等への協力
・結果は、ホームページ等で概要を公表し、地域住民へ情報提供する
・公表に当たっては、参加事業者名や企業秘密に関わる事項などは非公表

なおこの調査の前段で、統廃合についての地域の合意、廃校後の地域のニーズ確認とそれらを受けた市の方針(地域貢献を前提に民間売却)が決まっていました。

サウンディング型市場調査のメリット

平成30年に国土交通省が手引きを出しています

地方公共団体のサウンディング型市場調査の手引き(概要)

メリットとしては、

・役所では分からない、実現可能性や民間提案が把握できる

・自治体が事前に民間事業者からヒアリングしようとすると特定の事業者を優遇しているとの批判を受けやすいが、事前に実施要領を公表し、公募することにより透明性が高くなる

・その「対話」結果を公表することにより、事業についての市民の理解が深まる

・民間事業者側では「事業の検討段階で情報提供を得られること」や「事業化の条件として民間事業者からの意見が採用され得ること」等のメリットがあります

・優れた提案が採用された場合は、事業化の際に優遇するインセンティブがあれば、事業者の意欲も高まると思いますが、そうなっていない例が多いようです。

まとめ

少子高齢化や公共施設の老朽化などにより、学校などの公共施設の統廃合、建替えが増えています。

公的な財産を今後どのように利活用していったらいいのか、民間に単純に売却するだけでいいのか、公民連携という手法が1つの答えになります。

サウンディング型市場調査は、いいやり方だと思います。その結果をもとに今後事業としてうまく組み立てていくのが重要だと思います。

札幌の創成東地区で、プレイスメイキング。って何?

先日オープンスペースの記事を書きましたが、誰でも利用できる居心地のいい場所があれば、色々な人と交流したり安らぎを感じたりすることができます。プレイスメイキングという取り組みが始まっています。

プレイスメイキングとは

自宅と職場だけではなく、第3の居場所「サードプレイス」が必要だとも言われています。具体的には、カフェ、図書館、クラブ、公園などでしょうか。

プレイスメイキングは、人によって意味合いが若干変わりますが、まちづくり関係では、公共空間を活用して、賑わいや安らぎを感じられるプレイス(居場所)を作ることを指します。

近年、国内外で実践されている、街なかにある十分に利用されていな様々な空間を、そこを訪れる人々が立ち寄り、交流し、時間を過ごしたいと思える価値・愛着のある「居場所」に変えるための取組。

札幌市資料

創成東地区

札幌市のコアな中心部に近接する地区ですが、低未利用地が残るなどの課題もあり、まちづくりが急がれる地区です。都心居住のマンションが急増しています。

最近では、まちづくり組織として、「一般社団法人さっぽろ下町づくり社」ができるなどまちづくりの気運が高まっています。

また、札幌市の都心のまちづくりで「ターゲットエリア」に、地区内の東4丁目線を「いとなみの軸」に位置付けてられています。

実証実験

さっぽろ下町づくり社、札幌市、地元企業、町内会が中心となって、昨年(平成30年)の9月に実証実験を予定していましたが、地震のため延期され、規模を縮小して10月に行われました。

sapporo-shitamachi.com

東4丁目線の整備

東4丁目線は、サッポロファクトリーの再開発が行われる際にも、クランク状になっていて、危険であるとの指摘がありました。

札幌市では、一部区間の用地を買収し、直線化する検討をおこなっているようです。

そうなれば、活用可能な空間が新たに生まれ、プレイスメイキングの展開が可能になってくるのではないかと思います。

e-kensin.net

おまけ

↓これは、昨年(平成30年3月)に行われた創成東地区フォーラム(開催結果)のパンフですが、

札幌都心まちづくり通信 【創成東地区】

2枚目の下のほうに、絵がかいてあります。これは、パネルディスカッションの議論(実証実験)を文字ではなく、イラストにしたものです。パネリストの林氏が即興で書いたのです。すごい才能だ!!!

f:id:basara88:20190412131049j:plain

心地よいオープンスペースの作り方 札幌市のガイドラインが参考になります

容積率を増やすなど都市計画制度を緩和してもらう場合、役所から公共的な貢献を求められます。

具体的には、一般の人も使える公開空地などのオープンスペースが公共貢献として認められることが多いようです。

街をぶらぶら歩いていて、ベンチなどが置かれた気持ちのいいオープンスペースを見つけるとうれしくなります。

心地よいオープンスペースとは、どんな空間でしょうか?

札幌市のオープンスペースガイドラン(拠点編と都心編があります)から、考えてみます。

f:id:basara88:20190410112605j:plain
札幌駅前通まちづくり会社

オープンスペースの機能

大きくわけて2つのタイプがあります。

①快適に歩ける空間

建物をセットバックし歩道の横に、歩道上の空地をとったり、敷地内を貫通する通路(近道できる)を作ったりするケース

②滞留できる広場状の空間

ベンチなどが置かれ休憩できたり、広ければイベントなどが行われにぎわいや交流が可能なケース

計画するときに検討すること

敷地周辺の状況から、どのように使われるか想定します。

ガイドラインでは、以下のように例示されています。

f:id:basara88:20190410103456j:plain
札幌市

配置等を検討する

道路や隣接敷地の状況などの条件をもとに、オープンスペースの配置等を検討します。

具体的なデザインを検討する

利用者が快適で居心地がよいと感じられる空間となるよう具体的に検討する。

ガイドラインでは、空間整備イメージが示されています。

①居心地のよい距離感を考えた空間
※ヒューマンスケールで居心地のよい広場と言われるのは 24m×24m程度の広場、12mでは人と人が親密な関係となる距離と言われています。

②四季の変化や良好な天候を楽しむことができる空間

f:id:basara88:20190410105714j:plain
札幌市

③囲まれ感があり落ち着く空間

f:id:basara88:20190410105753j:plain

④交通や事故などの心配がなく守られて安全と感じられる空間

⑤ゆったりと、あるいはちょっとだけなどシーンに応じた座る場所が用意されてい空間

f:id:basara88:20190410105859j:plain

⑥ゆとりをもって歩いたり
通り抜けのできる空間

⑥雨や日差し、雪などから保護してくれる空間

f:id:basara88:20190410110015j:plain
札幌市

⑦ヒューマンウォッチングを楽しめる空間

f:id:basara88:20190410110044j:plain
札幌市

まとめ

ガイドラインでは、この後、一番大切なオープンスペースの維持管理になるのですが、長くなりますので、下記のリンクで読んでください。

今までは、「オープンな面積とればいいんでしょ」、みたいな事例もあったようです。

そういう意味では、結構いいガイドラインになっていると思います。

このように、公共的な心地いい場所が増えると住みたいまちになってきますよね。

http://www.city.sapporo.jp/keikaku/documents/unyoukizyun_shiryouhen.pdf

http://www.city.sapporo.jp/keikaku/kyoten/documents/osg.pdf

都市計画の現場  波乱の審議会を傍聴してきました。

都市計画審議会とは?

どうして設置しているのでしょう?

都市計画は、都市の将来の姿を決めるものであり、かつ、土地に関する権利に相当な制限を加えるものであることから、各種の行政機関や住民の利害を調整し、さらに利害関係人の権利、利益を適正に保護する観点も必要となります。

そのため、都市計画法では、学識経験者等の第三者からなる都市計画審議会を設置のうえ、都市計画を決める前にその案について調査・審議することとしています(都市計画法第77条の2、第87条の2第8項)。

札幌市

以前は、都道府県にしかありませんでしたが、2000年から市にも設置できるようになりました。

どんな人がメンバーなのか

任期は2年

・学識経験者

大学の先生、商工会議所、教育関係者など9名。事務局(市)が会長など色々な人の意見を聞いて選任

・市議会の議員 6名。

議会が選任するが、各会派ごとに人数の割り当てがある

・札幌市以外の行政機関の人 3名

国、道、警察。充て職です。○○部長等

・市民委員 6名。

公募です、論文で1次選考し、面接の上(選考委員会が)選任

都市計画審議会の委員/札幌市

どんなことを審議しているのか

  • 用途地域の決定・変更
  • 地区計画の決定・変更
  • 主要な公園の位置や規模
  • 幹線道路の計画の決定・変更・・・などについて調査・審議しています。

道路や公園をどこに作るかというようなことであれば、わかりやすいですが

用途地域や地区計画などは、初めて聞いただけでは、理解は難しいかもしれません。

都市計画のながれ

 地区計画を定める場合の手続き(例)

※地区計画~建物の建て方など土地利用のルール

計画
  1. 札幌市が地区計画の原案を作成
  2. 住民等に周知
  3. 都市計画審議会市が委員に案を事前説明)
  4. 案を一般に公表(=公告・縦覧)
  5. 都市計画審議会(委員が案を審議)
  6. 北海道知事との協議
  7. 都市計画決定
地区計画に基づくまちづくり

札幌市

都市計画審議会の様子

審議会はだれでも、傍聴できます。ただ席の数が決まっているので、早めに行きましょう。

中の様子ですが

・市役所の担当部局から、パワーポイントなどを使って、(市民委員にもわかるように)説明

・その後、質疑があり

・事前説明案件や関連説明案件は、そこで終了

・諮問案件は、採決となります。

市民委員が参加するようになって、賛成反対も含め色々な意見が出るようになったと聞きます。

議論が紛糾して採決できず、次回以降に持ち越すケースもあるそうです。

私が見に行った第102回審議会では、6件の案件が審議されました。

議案第3号は、少子化に伴って小学校を統廃合する案件で、多くの質問や意見が出され、採決では反対者もでました。

議案第5号は、農業専門学校からの都市計画提案で、未利用地の一部を規制を緩和し、医療系大学や病院を建てるというものです。

前回の審議会での事前説明では、「緩和し過ぎだ」という意見がでていましたが、今回の本審では、なんと「不同意」となってしましました。

http://www.city.sapporo.jp/keikaku/info/tokeishin/ankensetsumei/documents/tsuki_sanko.pdf

議案も多かったので、途中休憩をはさんで、夕方までかかりました。

諮問案件

番号 内容
議案第1号 札幌圏都市計画道路の変更【北3条通、札幌・江別通、平和通、白石・中の島通】
議案第2号 札幌圏都市計画ごみ焼却場の変更【第4清掃工場】
議案第3号 札幌圏都市計画学校の変更【石山南小学校、上野幌西小学校、上野幌東小学校、石山緑小学校、ノホロの丘小学校、星置地区中学校】
議案第4号 札幌圏都市計画地区計画の変更【もみじ台団地】
議案第5号 札幌圏都市計画地区計画の変更【東月寒向ヶ丘地区】
議案第6号 札幌圏都市計画地区計画の変更【JR苗穂駅周辺地区】

都市計画決定(あるいは変更)することで、これから施設が作られたり、土地の使い方が変わったりします。

この先の街の変化を知る貴重な情報です。

機会があれば是非審議会を見に行って下さい。

どんな色の建物にしたらいいか?景観を良くすると、エリアの価値が上がります。

住みたいまちの要素として、居心地のよい環境を作っていくことが大事です。特に景観は重要な要素。家を建てるとき、どんな色にしたらよいか悩んだことはありませんか?

 

札幌市で出している色彩景観基準運用指針(札幌の景観色70色)から考えます

https://www.city.sapporo.jp/keikaku/keikan/panfu/documents/70shoku.pdf

 

 

向こう三軒両隣(基本姿勢)

「向こう三軒両隣」は、景観を考えるときの重要なキーワード。初めに、両隣を意識し次に向かい側の建物も同時に眺め、さらに周辺に目を配り、全体の調和がとれるように考える。

自分のことだけ考えてはだめです。

 

「地」と「図」

周辺の環境を「地」、計画建物を「図」とします。

配色パターンは、3パターンあるが「消去型」、「融和型」が札幌の自然に調和すると推奨しています。

f:id:basara88:20190130152142j:plain

札幌市資料

建物などの人工物は、目立たせないで自然の美しさを強調させるのがポイントです

 

まわりの環境から建物の色を考える

・まず、道の反対側など計画地の両隣を見渡せるところから写真を撮り、周辺環境とあわせ「地」の色を考える。

 

これに調和する色を考えていきます

・密集地の場合 周辺に圧迫感を与えない、まわりの建物より高明度・低彩度にする

・建物の方角 北東面の壁はクール系、南西面の壁はウォーム系の色が美しい

・郊外の場合   自然の緑に合わせ、白に近くきわめて薄い色がよい

 

ルールづくりが必要だ

皆で考えてルールを作っていくのがいいと思います。

札幌では、何ヵ所かの地区で景観まちづくり指針をつくっています。

地域の色も推奨しています。

面積の大きな外壁は、基調色にして、部分的にアクセントカラーを使えばいいです。

https://www.city.sapporo.jp/keikaku/keikan/machizukuri/documents/roupuwaychikumachidukurishishin.pdf

 

f:id:basara88:20190130155007j:plain

札幌市資料

 

参考 札幌イメージコーディネート研究会 

SICS

 

便利な図書館「図書情報館」また行ってきました

以前紹介した、本を貸し出さない市民交流プラザの「図書情報館」です。

市役所などに行ったあと時間があるとすっかり、入り浸るようになってしまいました。

最近、会社勤めをしながら、技術士事務所を開けないかと思っているので、起業とかフリーランスなどの本を読んでます。

ここは、ビジネス関係の本が多いです。

この図書館は本を貸し出さないので、読みたい本が読める可能性が高い。

席が予約できる。予約しなくても、色々な椅子が置いてあって座れる。

リーディングルーム以外は、pc作業などで多少うるさくしてもよい。

1階でコーヒーを買って持ち込むとカフェで本を読んでるような感じになります。

時間があるときは、1時間半ぐらいで1冊読んできます。

この頃は、受験生と思われる若者が多い。

いい施設ができてよかった。1階にはオープンなスタジオがあって、たまにライブもやってました。

このビルには放送局が入っていて、1階の入り口の前で、天気予報の中継をやってます。ので、本番にぶつかるとちょと恥ずかしくて困ります。

ポートランドに学ぶオープンカフェの空間づくり

ポートランドと札幌

ポートランドと札幌市は姉妹都市なので、職員や市民の交流が盛んです。

交通政策やまちづくりなどでも参考になることも多いです。

2016年に市長と都市計画部局の職員が、ポートランド市開発局を訪れた時の調査報告を以前聞く機会がありました。

パール地区について

パール地区はかつて操車場や倉庫があったまちで、さびれて人が近づかないエリアであった。

パール地区再開発はもっともポートランドらしい成功した事例といわれています。

f:id:basara88:20181218101448j:plain
travel Portland

その仕組みとは

・パール地区の再開発に当たっては、公共交通機関の利用を高めるため、ストリートカー(以前からあるライトレールのMAXとは違います)の建設を進めた。

・自転車や歩行者に優しいまちを指向

・ミクストユース(いろいろな用途をいれる)として、1階は小売店やカフェなど賑わいを生む店舗、2・3階は事務所、その上階は住居やホテル

・居住部分の2割は、所得の少ない層のユニットとして、低所得者と高所得者とのミックスも目指す

・都会ながら、水と緑の多いストリートライフを実現する

・建物や路面が街路空間の活性化を演出するためガイドラインを作成

f:id:basara88:20181218172848j:plain
travel Portland
f:id:basara88:20181218101701j:plain
travel Portland

パール地区の道路空間のデザイン セットバックではなくセットフロント

楽しい街歩きの空間を作っていくには、工夫が必要です。

パール地区では、道路の使い方のルールを設けています。

・歩道は4m程度ありますが、3つのゾーンに区分し

・車道側ゾーンは街路樹、ベンチ、アート、ごみ箱などの公共的なものや店の看板を配置する空間

・中央部は「歩行ゾーン」にして物は置かない

・建物隣接ゾーンは、オープンカフェを配置するなど店の内外の賑わいを連続させる

また建物のルールとして、

・1階には、小売店、カフェ、ギャラリーなど賑わいを生む店舗を入れ、大きな窓をつくる。

・これらのデザインには、補助金がPDC(ポートランド市開発局)からでる

f:id:basara88:20181218101543j:plain
travel portland
f:id:basara88:20181218101813j:plain
basara88

まとめ

日本の再開発では、建物を道路から下げて(セットバック)して、空間を生み出し公開空地としている例が多いです。

しかし、1階の建物の使い方とうまく連動しなくて、いつのまにか物や自転車が置かれ、むだな空間になっているのが多いと思います。

歩いて楽しい、賑わいのある空間は、沿道の建物と一体となって醸し出されるものです。また、通りやエリアの一貫性や連続性も必要です。

エリアマネジメント組織が、地区の価値向上のため、みんなを巻き込んでルールを作っていくことも必要です。

狸2条広場 創成川の上に広場を作りました

札幌都心の観光ポイントである狸小路と2条市場を結ぶ創成川の上空に、「狸2条広場」が整備され、地域交流イベントなどが行われています。

f:id:basara88:20181212104656j:plain
出典:札幌公園緑化協会

手前の白いアートは、安田侃氏の作品「生誕」です。近くの病院が寄付してくれました。

・創成川通の連続アンダーパス化と公園化

創成川通は、冬季札幌オリンピックの際に中心部と選手村などがあった真駒内を連絡する道路として昭和40年代に整備されました。8車線の大幹線道路で東西に市街地が分断されていました。

都心交通の円滑化を図ろうと創成川通の連続アンダー化が提案され、市民ワークショップなども行われ、大きな議論となりました。

f:id:basara88:20181212103704j:plain
出典:札幌市
f:id:basara88:20181212103927j:plain
出典:札幌市

以下の方向性が示されました。

・地上部で車道が縮小した部分は、緑地など公園化する

・東西分断を解消するため、交流の場を設ける

このような議論の中で、古くから商売をしてい関係者から、「昔はお祭りになると、川に仮設の橋をかけてサーカス小屋や露店が軒をならべ、にぎやかな場所でだった。整備にあたっては、川に蓋をして広場を作ってほしい。」との声があがりました。

狸2条広場の概要

創成川公園には、3か所の広場がありますが、狸2条広場は南3条の1ブロックのほぼ

半分を広場化しています。(イベント利用可能面積950 ㎡)

イベント利用のためトイレやベンチのほか電源や給排水施設も整備されています。

通常の公園利用に比べ、飲食の提供や広告の掲示など制限が緩和されています。

管理は、指定管理者である札幌市公園緑化協会が行っていますが、あわせて地元商店街や町内会、札幌市などで構成する広場運営委員会において、様々な調整や支援、情報発信を行っています。

f:id:basara88:20181212103055j:plain
出典:札幌市

また、イベントがしやすいように、利用ガイドがあります。

狸二条広場の利用について – 創成川公園

まとめ

東西の分断が解消され、創成川以東地区は、店舗や来街者、住人が増えています。

天気のいい日は、公園のベンチにすわってお弁当を食べている人もいました。昔は車の騒音と排気ガスでありえない事でした。

広場では、年間を通じて様々なイベントが行われています。夏、ビアガーデンもやっていて、オープンな空間のため川を吹く抜けていく風が気持ちいいです。

札幌市都心では、あちこちに色々な広場ができました。良質な公共空間は気持ちいいですね。

f:id:basara88:20181212104815j:plain
出典:札幌公園緑化協会