70兆円市場の建設業に情報化革命が進行中

色々な仕事の中で、特に人材不足が著しいのが建設業です。従事者は若者が少なく高齢化がすすんでいます。

仕事があっても、技術者がいない、ガードマンがいない、オぺーレーターがいない、後継者がいないと存続の岐路にたっている会社も増えています。

そんな中、2015年国土交通省は、建設現場の生産性20%向上を目指す「i-construction(情報化施工)」を打ち出し、その後他業種からの参入も相次ぎ 猛烈な勢いで 技術が進展しています。

ドローンの投入で測量が劇的に効率化

従来人手で行っていた測量がドローンを投入することにより、2週間程度かかっていたものが、わずか数日できるようになった。

ドローンで大量に撮影した空中からの写真を専用ソフトで、地形を3次元データ化(点群データ)、平面図化(オルソ画像)が可能になった。

さらに、ドローンにレーザースキャナを搭載することにより、樹木などにおおわれた地表面のデータを取得が可能になった。

災害による大規模な斜面崩壊の現場ではレーザードローンを飛ばし、短時間で(しかも安全に)亀裂や崩落の可能性なども分かるようになった。

3次元データを使った施工や検査が可能になった

従来、建設の現場では、2次元の図面(平面図、縦断図、断面図など)をもとに設計・施工や検査が行われてきた。

3次元での測量が可能になったことから、3次元の設計(BIM,CIM)を行われるようになった。

そのデータを、自動化された建設機械に入力することにより、無人でも正確に施工することが可能になった。

また、従来は人の手で測量し、施工する高さや幅を現地に明示する必要があったが、不要になった。

さらに、設計どおりに施工されているかのチェックも従来は、人が計測していたがドローンのデータやスキャナーを使って行えるようになった。

国土交通省

「ICT施工」と検索してみてください。大量の動画がアップロードされています。

他の産業からの参入分野

・ドローン”祭り”という状態なので、機器メーター、輸入代理店などが参入。オペレーターや技術者が大量に不足しています。

・道路や橋梁の点検には、レーザースキャナ―などで大量の画像データの収集が可能になり、その判定にAIの技術者が必要になっています。

・機器の自動化、ロボット化が急速に進んでいます。従来の建機メーカー(コマツなど)に加え、メカトロニクスの会社が参入していますが、自動車に比べ技術者不足です。

・まもなく、設計や施工は3次元データが主流になると思われるますが、SIM/BIMのソフトを使いこなせる技術者が足りません。

・ICT施工を行う会社は、クラウドをおいて現場と本社で画像や点群データなどをやり取りしたり、現場の事務作業を本社に集中するなど、ネットワーク化が必須です。大量のデータの送受信に5Gが活用が見込まれ、ネットワークの技術者が必要です。

・最近では、ウエアラブル(グーグルグラスのような)端末をつけ、本社などの熟練技術者がモニターを見ながら、若手技術者を指導するということも行われています。

その他

笹子トンネルの天井版崩落事故以来、構造物の点検が義務化されました。点検方法は、近接目視して打音検査を行うのが原則とされています。

しかし、人が近づくのが難しい橋梁などでは、おおががりな足場を設置する必要がありましたが、ドローンの登場により簡単に調査することが可能になりました。

最近では、グリーンレーザーを用いて水中での計測が可能になり、今後は河川の調査に使われていくでしょう。

まとめ

急速に技術が進んでいるのは、人材不足もありますが、国土交通省が本気で取り組んでいるからです。

工事や設計の基準や要領は、委員会をつくって数年間かけて作っていましたが、この分野では、あっという間に作られて、実態に合わないとどんどん改定されていきます。実態にあうように積算基準も改定されます。

工場などでは、従来から自動化やロボット化が行われてきましたが、建設業の分野でもここ数年で設計の方法や工事のやり方が変わってしまうかもしれません。

中小企業では、自動建機の導入やシステム開発などは難しいと思いますが、ニッチな分野で独自の技術やノウハウをもてば、急成長するかもしれません。

これからの技術者は、従来のやり方に捕らわれずに、新技術のリテラシーを日々勉強していく必要があります。

↓参考になります。

AIは、中国語の部屋

最近、仕事に生かせないかとAIの本を読んでます。「中国語の部屋」と「チューリングテスト」、「強いAIと弱いAI」など今まで知らなかったワードが出てきて、面白いです。

f:id:basara88:20190913131235j:plain

中国語の部屋

以前の記事で、「AIは、知能があるかのように思わせるプログラムである」と書きました。

人口知能とはなにかと議論されるとき、哲学者のジョン・サールが、1980年に 論文の中で発表した「中国語の部屋(Chinese Room)」が引き合いに出されます。

ある小部屋の中に、アルファベットしか理解できない人を閉じこめておく(例えば英国人)。この小部屋には外部と紙きれのやりとりをするための小さい穴がひとつ空いており、この穴を通して英国人に1枚の紙きれが差し入れられる。そこには彼が見たこともない文字が並んでいる。これは漢字の並びなのだが、英国人の彼にしてみれば、それは「★△◎∇☆□」といった記号の羅列にしか見えない。 彼の仕事はこの記号の列に対して、新たな記号を書き加えてから、紙きれを外に返すことである。どういう記号の列に、どういう記号を付け加えればいいのか、それは部屋の中にある1冊のマニュアルの中に全て書かれている。例えば”「★△◎∇☆□」と書かれた紙片には「■@◎∇」と書き加えてから外に出せ”などと書かれている。

彼はこの作業をただひたすら繰り返す。外から記号の羅列された紙きれを受け取り(実は部屋の外ではこの紙きれを”質問”と呼んでいる)、それに新たな記号を付け加えて外に返す(こちらの方は”回答”と呼ばれている)。すると、部屋の外にいる人間は「この小部屋の中には中国語を理解している人がいる」と考える。しかしながら、小部屋の中には英国人がいるだけである。彼は全く漢字が読めず、作業の意味を全く理解しないまま、ただマニュアルどおりの作業を繰り返しているだけである。それでも部屋の外部から見ると、中国語による対話が成立している。(出典:wikipedia)

一方で、外から見ていて、人間と同じようなアウトプットができるのなら、知能があると認めていいのではないかという考えもあります。

チューリングテスト

 数学者のチューリングが1950年、チューリングテストという,知能があることに関する実験を提唱しました。

 人間の判定者が、一人の(別の)人間と一機の機械に対して通常の言語での会話を行う。このとき人間も機械も人間らしく見えるように対応するのである。これらの参加者はそれぞれ隔離されている。判定者は、機械の言葉を音声に変換する能力に左右されることなく、その知性を判定するために、会話はたとえばキーボードとディスプレイのみといった、文字のみでの交信に制限しておく。判定者が、機械と人間との確実な区別ができなかった場合、この機械はテストに合格したことになる。

感想

人工知能に対するとらえ方が、人によって千差万別です。

私は、イメージはスターウォーズのC3POのような知性を持ったロボットです。

機械(コンピューター)が知性や知能を持つことが本当にできるのだろうかという哲学的なものから、実用的な技術して利用していけばいいという考えまであります。

これは、「強いAIと弱いAI」という議論なんだそうです。

ちなみに、前述のジョンサール氏は、「強いAI(機械は心を持てる)は実現不可能である」との有名な人工知能批判を行いました。

この分野(学会?)には、大学や民間の研究者や哲学者、数学者、エンジニア、巨大海外企業などいろいろなプレーヤーがいて、面白いですね。

AIもピンキリで、名ばかりAIの商品やサービスもありそうなので、だまされないようAIリテラ―シーを勉強しないとだめです。

AIが進化していくと、技術士は仕事を失うか

最近、AIが第3次ブームになっています。

ディ―プラーニングが突破口となって、急速に技術が進展するのではないかと、期待が膨らんでいてバブル状態です。

書店でもタイトルにAIを付けた書籍が、大量に置かれています。

将棋や囲碁で、AIが勝った。車の自動運転もどんどん進化しています。

f:id:basara88:20190913131235j:plain

将来的に現在人間がやっている仕事は、AIがとってかわり、大量の失業者がでるのではないかと危惧する人も(そのような本も)増えてます。

私は、技術士なんですが、士業についても、AIに取って代わられるものがありそうです。

 日本経済新聞のシリーズ記事「AI時代のサムライ業」

オックスフォード大学と野村総合研究所の研究「AIによる代替可能性の高い職業」が紹介されています。

f:id:basara88:20190913123215j:plain
日本経済新聞

www.nikkei.com

↑有料記事です

マイナーな資格の技術士は、どうなんでしょうか?(合格率9.1%)

技術士は、分野が広いのでひとくくりにはできないでしょう。

私は、「建設部門」→「地域および都市計画」が専門分野になっています。

交通の需要予測、交通施設の計画など技術的なものもありますが、市民との合意形成、まちづくり、エリアマネジメントなど人と関わるものもあり、これらは数値やデータで解決できるものでもありません。

AIでできること

本当の意味でのAI(人口知能)は、現在実現していないし、その見通しも立っていない。

現在、AIと言われているものは、機械があたかも知能をもって考えているかのように思わせているプログラムや技術である。

プログラムできることと、プログラムが難しいことを視点に考えると、将来AIに仕事を奪われるかどうかが分かってくる。

プログラムできそうなこととは

・定型的な仕事(書類の作成、技術計算、図化、計測など)

・膨大な事例を収集して、整理し、検索すること

プログラムが難しそうなのは

・人を相手にする業務(コンサルティング、合意形成、社会システムなど)

・機械的な認知が難しい仕事(経験が必要な高度な判断、数値化できない概念、人間的な感覚を必要とするものー気持ちいい・うきうきする・怖い・つらいなど)

まとめ

将来どうなるかは、だれも分かりませんが、仕事の一部は、AI技術で代替されるでしょう。

会計ソフトができると、会計士や税理士は不要になるとの予測がありましたが、コンサルティングや経営相談など顧客の疑問や悩みに答えるには、人間が一番です。

技術士の仕事も新たな技術ができれば顧客へのコンサルティングがもっと必要になるし、AIに仕事を取られるだけではなく、AI技術やビックデータを使って、防災や防犯に役立てる、マーケッティングデータをつかってまちづくりに生かすなど、新たな分野を開拓していく必要があると思います。

技術士に更新制度が導入されるようです

先日、日本技術士会北海道本部の年次大会があったので、行ってきました。

文科省では、技術士制度改革を検討していて、その中で技術士の更新制度を近く導入することになりそうです。

 技術士とは

科学技術に関する技術的専門知識と高等の応用能力及び豊富な実務経験を有し、公益を確保するため、高い技術者倫理を備えた優れた技術者」の育成を図るための、国による資格認定制度(文部科学省所管)です。

日本技術士会

技術士と名乗ることができる資格(名称独占)で、弁護士や医者のように独占業務がないという変わった資格です。

現在、登録している技術者は9万人ほどで、「建設部門」の技術士が圧倒的に多いです。

これは、官公庁発注の設計や調査で技術士の存在が必須であったり、入札のアドバンテージが得られるようになっているからです。

私は、建設部門(都市および地域計画)の技術士ですが、資格をとったからといって、給料が上がったりしたこともありません。

面接試験は東京で行われましたが、妻に飛行機代やホテル代をかけてまで、なにかメリットがあるの?と言われました。

更新制度の導入案

他の主要国では、資格の更新が必須になっている。更新の条件としては、CPDを必須としています。

f:id:basara88:20190719093658j:plain

日本技術士会資料

※CPD(技術者の継続教育)とは、Continuing Professional Developmentの略。資格取得後の継続的な資質向上のため、講習会やセミナーなど技術者が研鑽に要した時間を単位に変換したもの。

技術士法では、「技術士は、常にその業務に関して知識及び技能の水準を向上させ、その他その資質向上を図るよう努めなければならない。」としており、普段から資質向上に努めることが責務となっている。

 更新制度の導入(案)

現在の案では、

①更新対象は全員

②更新は5年ごと

③講習会の受講とCPD20時間/年以上が必須

となっています。

事前の意見募集では、弁護士や医者には更新制度がないのに、どうして技術士に更新制度をもうけるのかという反対意見も多少あったそうです。

f:id:basara88:20190719101619j:plain
日本技術士会

感想

技術者やコンサルタントは、最新の技術動向などを日頃からインプットいていくのが、稼ぎにつながります。

今後は、セミナー、講習会などに参加しCPD受講証を集めたり、更新の費用もかかってくるので、時間もお金もかかりそうですね。

便利な図書館「図書情報館」また行ってきました

以前紹介した、本を貸し出さない市民交流プラザの「図書情報館」です。

市役所などに行ったあと時間があるとすっかり、入り浸るようになってしまいました。

最近、会社勤めをしながら、技術士事務所を開けないかと思っているので、起業とかフリーランスなどの本を読んでます。

ここは、ビジネス関係の本が多いです。

この図書館は本を貸し出さないので、読みたい本が読める可能性が高い。

席が予約できる。予約しなくても、色々な椅子が置いてあって座れる。

リーディングルーム以外は、pc作業などで多少うるさくしてもよい。

1階でコーヒーを買って持ち込むとカフェで本を読んでるような感じになります。

時間があるときは、1時間半ぐらいで1冊読んできます。

この頃は、受験生と思われる若者が多い。

いい施設ができてよかった。1階にはオープンなスタジオがあって、たまにライブもやってました。

このビルには放送局が入っていて、1階の入り口の前で、天気予報の中継をやってます。ので、本番にぶつかるとちょと恥ずかしくて困ります。

技術士事務所を作っても、仕事あるんでしょうか

私の先輩が、再就職先を退職し技術士事務所を開設しましたと名刺をいただきました。

これまで計画関係のコンサルタントさんと仕事で付き合ってきましたが会社勤務の技術士さんがほとんど。

個人事務所でやってる方は、お目にかかったことはほとんどありません。

実際、売上とか営業とかどうなのか気になります。

技術士会の調査では、年金をもらいながら個人でコンサルタントをやられている方が多いそうです。

第2回技術士の報酬アンケート結果について|公益社団法人 日本技術士会

また、技術士という資格は建築士などと違って、〇〇については、〇〇士しかできないという仕事(独占業務といいます)がないので、どういう仕事をして稼いでいるのか実感が湧きません。例えば、技術的な指導をする。調査をする。技術顧問になる。セミナー講師になる。などなど資格がなくてもできるものばかりです。

今後さらに、調べてみたいと思います。