安くて手軽な中華スマートウォッチW34Sの文字盤を変えて楽しむ

アップルウォッチによく似た、中華製スマートウォッチを海外サイトから購入してみました。色々楽しんでいるので紹介します。

スマートウォッチの便利なところ

 いつも、iphoneを持ち歩いてますが、マナーモードにしているため、電話着信や家族からのLINEなどに気づかなくて、妻にはスマホを持ち歩いている意味がないと怒られます。

 スマートウォッチはスマホと連動し、各種通知をバイブレーターで教えてくれます。LINEやメールは、発信者や内容を表示してくれます。会議中でもわざわざスマホを取り出さなくとも時計をみるようにするだけで、どんな要件か、緊急度などが分かります。

 最近は、歩数、距離、カロリー、睡眠状態、脈拍などの活動量計の機能が付いています。iphoneにもそのような機能がついていますが、お風呂以外つけたままのスマートウォッチが有利です。スマホのバッテリーも消費しないし。

今回買ったのはこれだ。

中華スマートウォッチは、amazonで大量に売ってますが、海外サイトの「wish」で購入しました。安いけど届くまで1か月かかりました。

このサイトは、注意が必要です。商品が安くとも送料が結構高いことがある。無料格安でも、それは一部の商品だけで写真のものは結構結いい値段がついていたりします。google翻訳するといいです。

https://www.wish.com/product/5dd603dcb08b569b75341796?&share=web

写真のように、アップルウォッチの5シリーズを意識したデザインです。ただ、写真の文字盤は入っていませんでした。

苦労したこと

QRコード読み込んで、FUNDO PRO というアプリをインストールします。android、ios、日本語に対応と書いてあったのですが、iphoneではスマホからの通知がうまくできません。一度、アンドロイドで接続同期するとうまくいくというの情報があったので、そうするとiphoneでも通知されるようになりました。

文字盤を変える

アップルウォッチをはじめ、多くのスマートウォッチでは、文字盤(watchface)を変えるのが流行ってます。この機種でもできないものか調査してみることに。

参考になったのは

http://kitt-str.blogspot.com/2018/11/blog-post.html

https://coolwatchfaces.com/install-vxp-watch-face/

・安価な中華スマートウォッチにはMediatekのcpuが使われていることが多い→「mediatek VPX スマートウォッチ」と言う。

・MTK2502、2503シリーズの場合以下の方法でwatchfaceをインスール出来る (今回の機種は2502D) 。

・母艦のスマホは、アンドロイド(重要)

・一旦、「FUNDO PRO」はアンインストール。Mediatek SmartDeviceというアンドロイド用アプリをインストール(playストアではなく、ネットで探す)

・文字盤データをcoolwatchfaces.comで探して、ダウンロード(PC作業)→解凍し(:.xml .png /vxpの3種のファイルができる)、スマホとケーブル接続

・スマホ内の「appmanager」フォルダにコピー

・スマホで Mediatek SmartDevice を起動。スマートウオッチと接続。マイアプリケーションに移動し、入れたいwatchfaceをインストール。

・データの形式は、VXPというらしいです。自分でデザインすることもできるようです。

以下がやってみた結果です。

3千円で楽しめる、おもちゃです。最近のマイブームは、歩くことで毎日9千歩を目標にしています。スマートウオッチの歩数計が必須で、モチベーションが上がります。

海外旅行にいって便利だったもの2つ

最近海外旅行に行ったので便利だったSIMと配車サービスの話をします。

昨年(2019)の暮れから正月にかけてバンコク、2月には台北に行ってきました。

現地simの調達

海外行ったとき、私にとって重要なのがスマホなど通信手段の確保です。ホテルでは無料のWIFIが使えることが多いですが、外に出た時が問題です。特に方向音痴の私には。googleマップは必須です。家族間の連絡にLINEが使えると便利です。

これまでは、着いた空港で現地キャリアのsimを調達して、シムフリーにしたモバイルルーターにいれて使うという方式でした。面倒なのが空港のショップが結構混んでいる事、ルーターのAPNの設定をしなければならないことでした。

また、スマホもモバイル通信を切らなければ、莫大なパケット料金がかかるので、スマホ自体の設定変更も必要でした。

旅行前に調べたところ、シムフリーにしたIPHONE に現地SIMを入れば自動的に設定してくれるようだと分かりました。しかも、SIMはamazonで売っているので事前に確保できます。かつ意外と安いのです。

現地移動に配車サービスが便利

旅行に行ったとき、現地の移動は電車で移動することが多いです。東南アジアでは、タクシーが意外と安いのですが、運転手とうまく言葉が通じない、遠回りしているのではないか、ぼられているのではないかと心配がつきないので、利用したくなくなります。

東南アジアでも、中国のDiDiやシンガポールのGRAB、アメリカのUberなどが配車サービスしています。行先までのルートや料金が決められているので、これらの心配がありません。利用方法もアプリを入れて決済用にクレジットカードなどを登録するすぐ使えるようになります。

バンコクでは

・現地simは、大手キャリアAISの「プリペイド SIM7日間 データ通信無制限 100分無料通話つき」458円をamazonで事前購入しました。ほんと安くて助かります。速くて快適でした。

シムフリーiphoneに入れただけで使えるようになりました。

・バンコクの配車サービスは「Grab」です。

利用方法は、まずgoogleマップを開いて、目的地を指定→経路→タクシー(手を挙げているアイコン)→grabのメニューがでるのでクリック→grabのアプリが起動しする→「BOOK(予約)」→迎えに来る車のナンバー等が通知される→乗車→行先を言わなくともよい→到着したらスマホで決済

バイクタクシーが表示されるのがバンコクらしいです。

今日本のgoogleマップを開いてみると、DiDiとJapanTaxiが表示されますね。

台北では

・台北では、 Asia Pacific Telecom の「亜太電信 台湾プリペイドSIM 4G・3Gデータ高速通信 速度低下なし 無制限5日」620円です。これもsimを入れるだけで自動設定されました。おすすめです。

・台北の配車サービスは、Uberです。利用方法はGrabとほとんど同じです。普通のタクシーも配車できます。

最後におまけです

その他に持って行って便利だったものは、「ポケトーク」です。現地の人にもちゃんと通じましたし、うけました。

スマホでgoogle翻訳するという手もありますね。

TVが視られるSB製304HWをシムロック解除しました

災害の停電時に、ワンセグTVが役に立ったという記事を読んで、TVが視れるソフトバンク製304HWをシムロック解除しました。

昔、携帯やスマホにワンセグTVが受信できる機種が結構ありましたが、最近ではほとんど発売されなくなってしまいました。そういえば、ワンセグ・フルセグが受信できるモバイルルーターがありました。huaweiの304HWです。

304HWについて

・ サイズ  幅:101 mm縦:59.5 mm厚さ:15.9 mm重さ:約130 ちょっと重い
・スクリーン 2.4インチQVGAタッチ液晶

・通信方式  4G方式 (FDD-LTE / AXGP)、3G方式

・2400 mAhの大容量バッテリー

・ワンセグ、フルセグの地上デジタル方法が視聴できる

シムロック解除の方法

これまで、huaweiのモバイルルーターは、GL10P(ymobile)、HW-01F(docomo)を無料でロック解除してきました。

304HW(softbank)も同じ方法でシムロック解除できました。今回違ったのが、ルーターに解除コードを書き込む際に、 HUAWEI HiLink というアプリを使いますが、iphoneでは接続できず、ipadで書き込みが可能でした。原因は良く分かりません。具体的なやり方は、(下↓のほうにある)過去記事をご覧ください。

まとめ

 3000円前後でメルカリやヤフオクで売っています。

 SIM入れなくても(通信料なしで)視聴できるようです。私は、ルーター単体で視聴できると思ってましたが、ルーターがTVチューナーになって、wifiで接続されたスマホに視聴アプリ(「テレビ視聴」というアプリ)をいれて、スマホでみるという方式です。

つまり停電時には、充電されたルーター(304HW)と充電されたスマホが必要となります。そうなると、災害向きではないような気がしてきました。

普段の持ち歩きように携帯して、昼休み会社でTVを見るといいかなと思います。

フルセグでの受信は、かなり電波がいいか、外部アンテナをつながないとむずかしそうです。自宅や職場では、つながりませんでした。

実際に、docomo系SO-NETのSIMをいれたところ、3Gで接続しました(札幌)。B3に対応しているので東名阪地域の方はLTEで接続できるかもしれません。

次に、softbank系LINEモバイルSIMをいれると、LTEで接続し。高速で快適でした。

まあ、そんなに高い買い物でもないので、TVも視聴出来て便利かなというのが感想です。

サーバーを引越しました

はてなブログproからzcomのwordpressサイト(このサイト)に引越しました。

理由は、wordpressを体験したかったのと、GMOの株主優待が使えるからです。

従来のはてなのサイトは、basara88.hatenablog.com

として、これまでの記事が閲覧できます。

新サイトは、これまで通り

http://www.basara88.work

です。

過去記事のリンクの変更作業が終わっていません。

現在、https→httpとSSLがかかってません。サーバーにキャッシュが残っていたりするとエラーがでるようです。

docomoのルーター「HW-01Fを自力でSIMロック解除しました

趣味のシムロック解除ですが、GL10Pと同様の方法でdocomoの「WI-FI station HW-01F」も可能でした。

きっかけは、メルカリでHuawei製ルーターのシムロック解除のコードを売っている人がいて、その対象機種に「GL10P」や「HW-01F」が含まれていたからです。

この方法でやれば、無料でロック解除できます。

HW-01Fの概要

発売日 :2014年3月22日、

LTEの800MHz/1.5GHz/1.7GHz/2GHzの4バンドに対応

IEEE802.11nの無線LAN規格に対応、最大通信速度は300Mbp

docomo製なので、SIMロック解除しなくとも国内では多くの格安SIMが使えます。

海外旅行で使う人は、SIMロック解除して現地のsimを入れるといいです。

ドコモショップでも有償で(3,300円)SIMロック解除してくれます。

中古品は、メルカリやヤフオクで2千円前後で手に入ります。

報道発表資料 : モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01F」を発売 | お知らせ | NTTドコモ

解除方法の復習

  • ルーターの裏カバーをあけて、IMEIやwifi接続のパスワード(key)をメモ(ルーター本体のメニューでも確認できます)
  • ブラウザ(safariなど)を起動し、ロック解除コードを計算するホームページ↓に行く 

Free Huawei Unlock code calculator online

  • IMEIを入力すると、アンロックコードが出力されるので(v201 code)をメモ
  • ルーターにロック解除コード書き込むため↓このアプリをスマホにインストール

HUAWEI HiLink (Mobile WiFi)

  • Huawei Device Co,. LTD
  • ルーターのスイッチをいれ、スマホとwifiで接続(パスワードは、先ほどメモしたもの)。
  • SIM(docomo以外なんでもいい、サイズはマイクロ、nanoSIMしかない場合はアダプタをつける)をルーターにセット
  • スマホでHilinkを起動ログイン(パスワード:admin)
  • ルーターのメニューを触ると「端末操作中・・ログインできません」となるので注意
  • 歯車マーク→デバイス→デバイスのロック解除→アンロックコード入力→解除

格安SIMのAPN設定

  • 使用するSIMの会社のホームページなどでAPNの設定方法を調べる
  • 格安simをルーターにセット
  • スマホとルーターをwifi接続
  • safariなどブラウザを起動して、アドレス欄に「192.168.8.1」入力
  • パスワード「admin」入力
  • プロバイダ設定→新規プロファイル→各SIM会社で調べたデータ入力→適用
  • ルーター本体のメニュー→APN設定→選択してOK
  • 回線をつかまないときは、Hilinkを起動→ネットワーク→ネットワーク検索してみる。
  • 4Gに固定するときは、優先ネットワークを「4Gのみ」にするとよい。

結果

この他にも、Huaweiの301HW、303HW、304HWも同様の方法でSIMロック解除できるのではないかと思います。

Huawei Unlock code calculatorでは、v201 codeのバージョンまでしか対応していないようなので、最近の機種は難しいのではないかと思います。

iIphoneが、だんだん進化してきたので修理が難しくなってきた

新しい、iphoneが発売されます。

最近は、機種代金が10万円を超えて、高値の花になってしまいました。

現在使っているのは、iphoneseで、格安simのmineoを入れて使っています。

iphone6のころから、大型化してきてますが、seは片手で操作できて軽いのでちょうどいいです。

f:id:basara88:20190920114848p:plain

私の趣味の1つがスマホやPCなどの修理や改造です。

iphoneでは、simアダプタ(下駄)を使ったsimロック解除、バッテリーの交換、割れたスクリーンの交換などをやってきました。

素人で修理するのが難しくなってきた

最近の機種について調べてみると

・ホームボタンが、6sまでは物理ボタン、7からは感圧式ボタン、Xからホームボタンがなくなった。

・生体認証は 5s以降から指紋認証機能「Touch ID」が導入され、Xから顔認証機能「Face ID」が導入されています。

古くなって値段が下がった画面の割れた「7」をヤフオクで入手して、アマゾンで売ってるスクリーンに交換すると面白そうだと考え調べてみました。

・割れた「7」は、1万円~2万円程度で売られていました。

・割れていなくとも、ホームボタンが使えない、「Touch ID」が使えないというものもありました。

AppleのHPで調べてみると、「Touch ID」はセキュリティー対策として、ホームボタンと本体内のセキュリティーチップがペアリングされていて、新しいホームボタンに変えると使えなくなるようです。(古いボタンを注意深く外して付け替える)

ですから、ホームボタンが損傷したときは、Appleでしか修理できません。

また、Xから導入された「Face ID」も凄いですね。

普通の顔認証は、2次元の画像データから、その人の顔の位置と特徴点を抽出して、認証します。

ちなみに、話はそれますが、NECが開発した顔認証AIエンジン「NeoFace」は、世界NO1だそうです。

素人考えで、等身大の顔を印刷してiphoneに向ければ、セキュリティーを突破できるのではないと考えましたが、3次元データをとって照合します。

30,000以上の目に見えない赤外線ドットを顔に投射し、それを赤外線カメラが撮影、顔の凸凹などの深度情報を取得して顔の3Dモデルを構築、照合する。

マスクやメガネがつけていても大丈夫で、間違える確率は100万人に1人だそうです。

最近、メガネとテープで突破されたとの記事がありました。

japanese.engadget.com

・最近の機種は、防水ガラスが使われていて、分解すると防水機能が劣化する。

・amazonで売っている修理用パーツは、純正品ではないので劣悪なものもある。

・iphoneが高機能化しているため、ケーブルやコネクタも多く、部品も小さくかなり細かい作業が求められる。

以上のように、素人DIY修理を阻む壁は大きくなっています。

感想

修理に失敗する確率が高くなっているので

・高額な最近の機種の修理は、リスクが大きいので、Appleに持ち込む方がよい

・ 民間の修理ショップでは治せないケースもある

・趣味でやるなら、「7」あたりが最適。「8」は中古でも4万円以上するので

ドコモのルータL-02FをショップでSIMロック解除してきました。

9月1日から、キャリア各社のsimロック解除のルールが変わりました。

ヤフオクで入手した中古のモバイルWIFIルーターL-02Fをドコモショップに持ち込んで、simロック解除してきました。

手続きは簡単で、店の人も親切、3日でできました。

 ドコモのSIMロック解除について

ルーターなどのデータ通信機種は、ショップでの受付になります。料金は、3,240円(現金のみ)、受付後3日で作業完了。

以前は、ドコモの契約者でないとSIMロック解除できませんでしたが、2019年2月からルールが変わって、中古で買ったり、もらったりしたものでも大丈夫です。

また、データ通信機種でも、2015年5月以降の機種は、ショップ受付でもSIMロック解除が、無料になるようです。ということは、古い機種で3,240円払うよりも、2015年5月以降発売の比較的新しいルーターを中古で買って、無料でシムロック解除してもらうほうがいいと思います。

 ちなみに、AU、SOFTBANKは、2019年9月1日からシムロック解除対応機種(2015年5月以降発売)であれば、ショップで中古で買った機種も受け付けてくれます。(有料3,240円)

 L-02Fの設定

L-02Fは、LG社製(2014年発売)ドコモのモバイルWIFIルータです。

バッテリーが大きくて、旅行にもっていくと長持ち便利なルータです。

LTE対応で、ドコモ系格安シムをいれて使えます。(私は、sonet0sim入れてます)

設定の手順ですが、一般的な手順は2つです。

ルーターとスマホをWIFIで接続→ルーターに、プロバイダの情報を書き込む

では具体的に

・ルーターの裏蓋をあけ、WIFI接続のキーをメモ

・スマホ側で、設定→WIFI→アクセスポイント(L02F_×××××)を選択

・キー入力で接続

・ルーターの設定方法を取説等で確認

L-02Fは、簡単な方法がありますが、一般的な方法では

スマホでブラウザ(safariなど)を起動

・アドレス欄に、「http://192.168.255.1」を入力

・パスワード「1234」を入力

・設定メニューが起動

・プロバイダ設定→追加(以下は、lineモバイルのソフトバンクsimの設定です)

・プロファイル名 任意、APN:line.me、ユーザー:line@line、パスワード:line、認証方式:CHAP

・適用→再起動します。

・もう一度設定メニューを起動して、設定したプロバイダを選択して終わりです。

LINEモバイルSIM(sb回線)を入れた状態

写真のように、SBのLTE回線に接続しました。

L-03Fは、B1、B3、B21、B19に対応してます。

SB回線は、B1、B3、B28、B42なので、B1あたりで接続しているのかもしれません。

f:id:basara88:20190906101259j:plain
L-02F

まとめ

本当は、自力でSIMロック解除するほうが楽しいです。

スマホであれば、解除キーを入手して、他社SIMをいれると、解除キーを入力するように画面に表示されので、入力して完了します。

2015年5月以降発売機種は、各社のHPで解除キーを入手できますので是非やってみてください。

また各社によって、ルールが若干違うので、確認してくださいね。

エレコムの無線ランルーター(WRC-733FEBK-A)の設定メモ

無線ランルーター(WRC-733FEBK-A)の設定に、てこずったので、うまくいった方法をメモしときます。

無線ランルーター(WRC-733FEBK-A)の設定に、てこずったので、うまくいった方法をメモしときます。

 

f:id:basara88:20190606104212p:plain

これまで

wifi環境改善のため、無線ランルーターを一台増やしました。

エレコムのWRC-733FEBK-Aです。11ac規格で高速、コンパクトでいいです。

 

・これまで色々なルータの設定をしてきましたが、経験では、

①インターネット回線のLanケーブルを、ルーターの青いWANに刺す。

②ルーターをオートモードにする。

スマホ(IPHONE)側では、

①設定→②WIFI→ルータのネットワーク名(SSID)を選択→③ルーターの裏面に書いてある「キー」を入力すると接続

となることが多いです。

 

このルーターは、専用のアプリ(SkyLink Manager)で設定します。

しかし、何度やってもルーターに接続しません。

添付の説明書をみても、接続できないときの方法が書いていない。

しかもSSIDもキーも機器に印刷されていないので、一般的方法が使えない。

 

試行錯誤の結果、うまくいった方法は

①ルーターにLANケーブルとACアダプタを接続。裏面のリセットスイッチを10秒押す。

②スマホ(IPHONE)側で、設定→WIFI→「!!elecomsetup」を選択(接続)する

③safariなどのブラウザを起動して、「192.168.2.1]を入力すると、ルーターの設定メニューが起動

④このメニューから、SSID、キー、モード(apモード)など必要な設定を行う。

 ※今回は、増設なので(apモード)です

⑤スマホ側で、設定→WIFI→「設定したSSID」、「設定したキー」を入力すると、接続する。

 

 

wifi接続機器が増えすぎたので、無線ランルーターを増設します

自宅の無線ランが不安定です。これは、接続する機器が増えすぎたのが原因と思われます。無線ランルーターを1台増やしてみようと思います。

f:id:basara88:20190606104212p:plain
Pixabay

現在のネット環境

・自宅は、マンション専用のインターネット回線が各戸に配線されていて、低額料金(千円程度)で利用できます。

・専用回線ーーB社無線ランルーター(autoモード、11ac)--B社中継器(11ac)

※1年前、11acの機器に変えたところ、ずいぶん早くなりました。

本当は、電波の弱い奥の寝室(PC+プリンター)は、有線lanで結びたかったのですが、家族の反対で断念。

・このため、中継器を設置。中継器をつければ、接続可能台数が増えるのかと思ってましたが、違いました。

・wifiでは、PC5台、タブレット5台、スマホ6台、プリンター1台(計17台)

・有線では、TV(アンドロイドTV)1台、レコーダー(番組表)1台

最近、wifiが不安定です。

常にこれだけの機器がつながっているわけではありませんが、どう考えても接続台数が多すぎます。

対策

一般的には、無線ランルーターに接続できるのは10台程度です。

対策としては

・できるだけ有線ランに変える

・高性能な無線ランルーターに変える

・無線ランルーターを増やす

・メッシュWIFIに変える(機器がまだ高い)

無線ランルーターを1台増設するのが比較的簡単にできそうです。

(参考)

netsurbible.com

接続方法

ネットワークでは、各機器に番号(IPアドレス)がふられて通信しています。家庭内の機器に、プライベートアドレス(例:192.168.1.×など)を配信するのがルーターです。

ルーターが2つ以上あるとネットワークが混乱するようなので、増設する機器は、ルーターモードではなくAPモードに設定します。

(参考)

アクセスポイントを複数設置することは可能です。2重ルーターにならないように、追加する無線ルーターをブリッジモード(アクセスポイントモード)に設定してつなぎます。

ルーターを2個つなぎたい・ルーターにルーターをつなぎたい?

現在、機器の到着待ちなので、使用後の感想は今後紹介したいと思います。

シムフリー化したGL10Pに適した格安シムは、lineモバイルだ

タイへ旅行のため、シムフリー化可能なGL10P(emobile製)を格安で入手し、その手順やコツを以前紹介した。

lineモバイルSIMを入手したので、日本の格安シムで運用するときの注意点などを調査する。

経緯

このルーターは、タイで現地SIMをいれて活躍したが、一緒に旅行に行った娘夫婦にあげてしまいました。

小型で持ち運びも楽なので、メルカリで再度購入。(千円)

また最近S社製IPADAIR用に入手したLINEモバイルsimがあったので、以前からあるSONETの0(ゼロ)SIMもあわせ使えるか試してみました。

アンロックの手順(復習)

・ルーターの裏カバーをあけて、IMEIやkeyをメモ

・safariなどを起動し、↓のページに行く

Free Huawei Unlock code calculator online

・imeiを入力すると、出力されるアンロックコード(v201 code)をメモ

スマホに、↓このアプリをインストール

HUAWEI HiLink (Mobile WiFi)

 

HUAWEI HiLink (Mobile WiFi)

  • Huawei Device Co,. LTD
  • ユーティリティ
  • 無料

・ルーターのスイッチをいれ、スマホとwifiで接続、keyコードはルーターメニューのSSID内(あるいは裏蓋をあけると)にある。

・sim(docomo以外なんでもいい、サイズはマイクロ)をルーターにセット

※この時docomo系のsimをいれるとうまくいかないことがあります。

・スマホでHilinkを起動ログイン(パスワード:admin)

※この時、ルーターのメニューを触ると「端末操作中・・ログインできません」となるので注意

・歯車マーク→デバイス→デバイスのロック解除→アンロックコード入力→解除

格安SIMのAPN設定

・格安simをルーターにセット

・スマホとルーターをwifi接続

・safariなどブラウザを起動して、アドレス欄に「192.168.128.1」入力

・パスワード「admin」入力

・ルーター設定画面になるので、モバイルネットワーク設定→プロファイル管理

・新規プロファイルを押して、SIM会社から指定されたものを入力していきます

f:id:basara88:20190426103522j:plain
lineモバイルの例

回線をつかまないときは、Hilinkを起動→ネットワーク→ネットワーク検索してみるとよい。

4Gに固定するときは、優先ネットワークを「4Gのみ」にするとよい。

結果

・docomo系so-net simは、3Gでしか繋がりません(札幌では)

「東名阪」のみ4Gでつながるが、対応バンド少ない。

・ソフトバンク回線lineモバイルSIMは4Gで繋がり快適

これは、ルーターが対応している周波数とキャリアの周波数がうまくあっていないためです。

f:id:basara88:20190426103929j:plain

GL10Pは、ソフトバンク回線のLINEモバイルのデータプラン(500円)が速くて大変得です