札幌の住宅事情(広くて、家賃が安い)21大都市で比較

5年ごとに実施している「住宅・土地統計調査(総務省)」の札幌市分が公表されました。他の大都市と比べてどんな特徴があるのでしょうか

Shahid AbdullahによるPixabayからの画像

概要

政令指定都市(20市)と東京都区部を加えた21大都市の比較です。

・札幌の住宅総戸数は、105万戸で、年々増加。空き家は12.5万戸、率は11.9%で平均よりちょっと下(13番目)。

・空き家のうち、賃貸住宅が7.6万戸と多い

・空き家の戸数が多いのが東京都区部552万戸、率では大阪17.7%

・ 1人当た り居住室 の畳数 は、14.52畳で2番でけっこう広い、ちなみに1番は新潟市15.02畳

・ 1人当た り居住室 の畳数 はけっこう広めですが、形態でみると持家16.61畳、借家11.47畳と大きな差があります。

・ 民営借家の1畳当たり家賃 は、2,804円/畳で3番目に低い、ちなみに一番高いのが東京都区部の6,266円/畳、1番安いのが北九州市の2,614円/畳

・住宅105万戸のうち、持ち家と借家はそれぞれ45万戸と同じぐらいの比率です。http://www.city.sapporo.jp/toukei/tokusyu/documents/h30house.pdf

まとめ

少子高齢化ですが、住宅は増えています。空き家の多くを占める借家ですが、低金利のせいもあって、民間アパートも近所のあちこちで工事が行われています。

札幌は、まもなく人口増が止まり、減少に転じると言われています。最近の転入の多くは、高齢者です。道内から病院や介護施設などがあり、除雪の苦労もないマンションが立地してる札幌に移り住む人が多いです。

仮説ですが、鉄道駅に近く徒歩圏に病院やスーパーなどがあるアパートやマンションは需要があるが、郊外の戸建て住宅、特に公共交通が不便な地区の物件は今後空き家となっていく可能性が高いと思います。

それにしても、札幌は土地も安いし、賃料も安いので、広めでゆったりして住環境を手に入れることができます。

NISAでロールオーバーの手続きしました

私は、証券会社の回し者ではありませんが、NISAは株や投資信託の配当や売却益に税金がかからないとってもお得な制度です。適用期間の5年が経過するので、期間延長(ロールオーバー)の手続きをしました。

めんどうだなと思いましたが、とても簡単でした。

Csaba NagyによるPixabayからの画像

NISAについて

金融庁HP

株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。
NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。

・株式・投資信託等への投資から得られる配当金・分配金や譲渡益が通常 20.315%のところ非課税となる

・1人1口座で、 新規投資額で毎年120万円が上限 、 最長5年間 。(従って600万円まで非課税)

・期間終了後、新たな非課税投資枠への移管して継続保有が可能

ロールオーバーといいます。

証券会社の選び方

・窓口で買うと商品の勧誘などで、うるさいのでオンライン証券がよい

・購入手数料が無料

・商品が豊富。投資信託を買う人は、手数料の安いINDEX型商品を扱っている事

・入金、出金が自分の金融機関で可能

ロールオーバーの手続き

事前に、手続きが必要な商品や手続きのタイミングを証券会社のHPでチェックしていました。

でも、証券会社から、手続きの案内メールが届きました。

・HPで手続きの書類を請求

・郵送された書類に記名し返信

以上で手続き完了です。

私のNISA投資

・40才のころから、小遣いの一部を投信で積み立ててきました。しかし、購入後も信託手数料が取られるのがいやで、ある程度たまるとETFを購入。

・不動産投資は、リスクが大きいので、配当利回りのよいリートを購入

・最近は、株主優待めあてで、GMO(サーバー)、平和(ゴルフ)などの株を購入

税金がかからないのは、気持ちいいです。NISA口座以外でも特定口座にリートを持ってますが、配当の2割も税金が源泉徴収されてがっかりします。

NISAは、すべて非課税かと思ってましたが、米国株ETFの配当は現地アメリカで10%の源泉徴収をされ、NISAのルールは適用されませんでした。