海外旅行にいって便利だったもの2つ

最近海外旅行に行ったので便利だったSIMと配車サービスの話をします。

昨年(2019)の暮れから正月にかけてバンコク、2月には台北に行ってきました。

現地simの調達

海外行ったとき、私にとって重要なのがスマホなど通信手段の確保です。ホテルでは無料のWIFIが使えることが多いですが、外に出た時が問題です。特に方向音痴の私には。googleマップは必須です。家族間の連絡にLINEが使えると便利です。

これまでは、着いた空港で現地キャリアのsimを調達して、シムフリーにしたモバイルルーターにいれて使うという方式でした。面倒なのが空港のショップが結構混んでいる事、ルーターのAPNの設定をしなければならないことでした。

また、スマホもモバイル通信を切らなければ、莫大なパケット料金がかかるので、スマホ自体の設定変更も必要でした。

旅行前に調べたところ、シムフリーにしたIPHONE に現地SIMを入れば自動的に設定してくれるようだと分かりました。しかも、SIMはamazonで売っているので事前に確保できます。かつ意外と安いのです。

現地移動に配車サービスが便利

旅行に行ったとき、現地の移動は電車で移動することが多いです。東南アジアでは、タクシーが意外と安いのですが、運転手とうまく言葉が通じない、遠回りしているのではないか、ぼられているのではないかと心配がつきないので、利用したくなくなります。

東南アジアでも、中国のDiDiやシンガポールのGRAB、アメリカのUberなどが配車サービスしています。行先までのルートや料金が決められているので、これらの心配がありません。利用方法もアプリを入れて決済用にクレジットカードなどを登録するすぐ使えるようになります。

バンコクでは

・現地simは、大手キャリアAISの「プリペイド SIM7日間 データ通信無制限 100分無料通話つき」458円をamazonで事前購入しました。ほんと安くて助かります。速くて快適でした。

シムフリーiphoneに入れただけで使えるようになりました。

・バンコクの配車サービスは「Grab」です。

利用方法は、まずgoogleマップを開いて、目的地を指定→経路→タクシー(手を挙げているアイコン)→grabのメニューがでるのでクリック→grabのアプリが起動しする→「BOOK(予約)」→迎えに来る車のナンバー等が通知される→乗車→行先を言わなくともよい→到着したらスマホで決済

バイクタクシーが表示されるのがバンコクらしいです。

今日本のgoogleマップを開いてみると、DiDiとJapanTaxiが表示されますね。

台北では

・台北では、 Asia Pacific Telecom の「亜太電信 台湾プリペイドSIM 4G・3Gデータ高速通信 速度低下なし 無制限5日」620円です。これもsimを入れるだけで自動設定されました。おすすめです。

・台北の配車サービスは、Uberです。利用方法はGrabとほとんど同じです。普通のタクシーも配車できます。

最後におまけです

その他に持って行って便利だったものは、「ポケトーク」です。現地の人にもちゃんと通じましたし、うけました。

スマホでgoogle翻訳するという手もありますね。

TVが視られるSB製304HWをシムロック解除しました

災害の停電時に、ワンセグTVが役に立ったという記事を読んで、TVが視れるソフトバンク製304HWをシムロック解除しました。

昔、携帯やスマホにワンセグTVが受信できる機種が結構ありましたが、最近ではほとんど発売されなくなってしまいました。そういえば、ワンセグ・フルセグが受信できるモバイルルーターがありました。huaweiの304HWです。

304HWについて

・ サイズ  幅:101 mm縦:59.5 mm厚さ:15.9 mm重さ:約130 ちょっと重い
・スクリーン 2.4インチQVGAタッチ液晶

・通信方式  4G方式 (FDD-LTE / AXGP)、3G方式

・2400 mAhの大容量バッテリー

・ワンセグ、フルセグの地上デジタル方法が視聴できる

シムロック解除の方法

これまで、huaweiのモバイルルーターは、GL10P(ymobile)、HW-01F(docomo)を無料でロック解除してきました。

304HW(softbank)も同じ方法でシムロック解除できました。今回違ったのが、ルーターに解除コードを書き込む際に、 HUAWEI HiLink というアプリを使いますが、iphoneでは接続できず、ipadで書き込みが可能でした。原因は良く分かりません。具体的なやり方は、(下↓のほうにある)過去記事をご覧ください。

まとめ

 3000円前後でメルカリやヤフオクで売っています。

 SIM入れなくても(通信料なしで)視聴できるようです。私は、ルーター単体で視聴できると思ってましたが、ルーターがTVチューナーになって、wifiで接続されたスマホに視聴アプリ(「テレビ視聴」というアプリ)をいれて、スマホでみるという方式です。

つまり停電時には、充電されたルーター(304HW)と充電されたスマホが必要となります。そうなると、災害向きではないような気がしてきました。

普段の持ち歩きように携帯して、昼休み会社でTVを見るといいかなと思います。

フルセグでの受信は、かなり電波がいいか、外部アンテナをつながないとむずかしそうです。自宅や職場では、つながりませんでした。

実際に、docomo系SO-NETのSIMをいれたところ、3Gで接続しました(札幌)。B3に対応しているので東名阪地域の方はLTEで接続できるかもしれません。

次に、softbank系LINEモバイルSIMをいれると、LTEで接続し。高速で快適でした。

まあ、そんなに高い買い物でもないので、TVも視聴出来て便利かなというのが感想です。

docomoのルーター「HW-01Fを自力でSIMロック解除しました

趣味のシムロック解除ですが、GL10Pと同様の方法でdocomoの「WI-FI station HW-01F」も可能でした。

きっかけは、メルカリでHuawei製ルーターのシムロック解除のコードを売っている人がいて、その対象機種に「GL10P」や「HW-01F」が含まれていたからです。

この方法でやれば、無料でロック解除できます。

HW-01Fの概要

発売日 :2014年3月22日、

LTEの800MHz/1.5GHz/1.7GHz/2GHzの4バンドに対応

IEEE802.11nの無線LAN規格に対応、最大通信速度は300Mbp

docomo製なので、SIMロック解除しなくとも国内では多くの格安SIMが使えます。

海外旅行で使う人は、SIMロック解除して現地のsimを入れるといいです。

ドコモショップでも有償で(3,300円)SIMロック解除してくれます。

中古品は、メルカリやヤフオクで2千円前後で手に入ります。

報道発表資料 : モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01F」を発売 | お知らせ | NTTドコモ

解除方法の復習

  • ルーターの裏カバーをあけて、IMEIやwifi接続のパスワード(key)をメモ(ルーター本体のメニューでも確認できます)
  • ブラウザ(safariなど)を起動し、ロック解除コードを計算するホームページ↓に行く 

Free Huawei Unlock code calculator online

  • IMEIを入力すると、アンロックコードが出力されるので(v201 code)をメモ
  • ルーターにロック解除コード書き込むため↓このアプリをスマホにインストール

HUAWEI HiLink (Mobile WiFi)

  • Huawei Device Co,. LTD
  • ルーターのスイッチをいれ、スマホとwifiで接続(パスワードは、先ほどメモしたもの)。
  • SIM(docomo以外なんでもいい、サイズはマイクロ、nanoSIMしかない場合はアダプタをつける)をルーターにセット
  • スマホでHilinkを起動ログイン(パスワード:admin)
  • ルーターのメニューを触ると「端末操作中・・ログインできません」となるので注意
  • 歯車マーク→デバイス→デバイスのロック解除→アンロックコード入力→解除

格安SIMのAPN設定

  • 使用するSIMの会社のホームページなどでAPNの設定方法を調べる
  • 格安simをルーターにセット
  • スマホとルーターをwifi接続
  • safariなどブラウザを起動して、アドレス欄に「192.168.8.1」入力
  • パスワード「admin」入力
  • プロバイダ設定→新規プロファイル→各SIM会社で調べたデータ入力→適用
  • ルーター本体のメニュー→APN設定→選択してOK
  • 回線をつかまないときは、Hilinkを起動→ネットワーク→ネットワーク検索してみる。
  • 4Gに固定するときは、優先ネットワークを「4Gのみ」にするとよい。

結果

この他にも、Huaweiの301HW、303HW、304HWも同様の方法でSIMロック解除できるのではないかと思います。

Huawei Unlock code calculatorでは、v201 codeのバージョンまでしか対応していないようなので、最近の機種は難しいのではないかと思います。

ドコモのルータL-02FをショップでSIMロック解除してきました。

9月1日から、キャリア各社のsimロック解除のルールが変わりました。

ヤフオクで入手した中古のモバイルWIFIルーターL-02Fをドコモショップに持ち込んで、simロック解除してきました。

手続きは簡単で、店の人も親切、3日でできました。

 ドコモのSIMロック解除について

ルーターなどのデータ通信機種は、ショップでの受付になります。料金は、3,240円(現金のみ)、受付後3日で作業完了。

以前は、ドコモの契約者でないとSIMロック解除できませんでしたが、2019年2月からルールが変わって、中古で買ったり、もらったりしたものでも大丈夫です。

また、データ通信機種でも、2015年5月以降の機種は、ショップ受付でもSIMロック解除が、無料になるようです。ということは、古い機種で3,240円払うよりも、2015年5月以降発売の比較的新しいルーターを中古で買って、無料でシムロック解除してもらうほうがいいと思います。

 ちなみに、AU、SOFTBANKは、2019年9月1日からシムロック解除対応機種(2015年5月以降発売)であれば、ショップで中古で買った機種も受け付けてくれます。(有料3,240円)

 L-02Fの設定

L-02Fは、LG社製(2014年発売)ドコモのモバイルWIFIルータです。

バッテリーが大きくて、旅行にもっていくと長持ち便利なルータです。

LTE対応で、ドコモ系格安シムをいれて使えます。(私は、sonet0sim入れてます)

設定の手順ですが、一般的な手順は2つです。

ルーターとスマホをWIFIで接続→ルーターに、プロバイダの情報を書き込む

では具体的に

・ルーターの裏蓋をあけ、WIFI接続のキーをメモ

・スマホ側で、設定→WIFI→アクセスポイント(L02F_×××××)を選択

・キー入力で接続

・ルーターの設定方法を取説等で確認

L-02Fは、簡単な方法がありますが、一般的な方法では

スマホでブラウザ(safariなど)を起動

・アドレス欄に、「http://192.168.255.1」を入力

・パスワード「1234」を入力

・設定メニューが起動

・プロバイダ設定→追加(以下は、lineモバイルのソフトバンクsimの設定です)

・プロファイル名 任意、APN:line.me、ユーザー:line@line、パスワード:line、認証方式:CHAP

・適用→再起動します。

・もう一度設定メニューを起動して、設定したプロバイダを選択して終わりです。

LINEモバイルSIM(sb回線)を入れた状態

写真のように、SBのLTE回線に接続しました。

L-03Fは、B1、B3、B21、B19に対応してます。

SB回線は、B1、B3、B28、B42なので、B1あたりで接続しているのかもしれません。

f:id:basara88:20190906101259j:plain
L-02F

まとめ

本当は、自力でSIMロック解除するほうが楽しいです。

スマホであれば、解除キーを入手して、他社SIMをいれると、解除キーを入力するように画面に表示されので、入力して完了します。

2015年5月以降発売機種は、各社のHPで解除キーを入手できますので是非やってみてください。

また各社によって、ルールが若干違うので、確認してくださいね。

シムフリー化したGL10Pに適した格安シムは、lineモバイルだ

タイへ旅行のため、シムフリー化可能なGL10P(emobile製)を格安で入手し、その手順やコツを以前紹介した。

lineモバイルSIMを入手したので、日本の格安シムで運用するときの注意点などを調査する。

経緯

このルーターは、タイで現地SIMをいれて活躍したが、一緒に旅行に行った娘夫婦にあげてしまいました。

小型で持ち運びも楽なので、メルカリで再度購入。(千円)

また最近S社製IPADAIR用に入手したLINEモバイルsimがあったので、以前からあるSONETの0(ゼロ)SIMもあわせ使えるか試してみました。

アンロックの手順(復習)

・ルーターの裏カバーをあけて、IMEIやkeyをメモ

・safariなどを起動し、↓のページに行く

Free Huawei Unlock code calculator online

・imeiを入力すると、出力されるアンロックコード(v201 code)をメモ

スマホに、↓このアプリをインストール

HUAWEI HiLink (Mobile WiFi)

 

HUAWEI HiLink (Mobile WiFi)

  • Huawei Device Co,. LTD
  • ユーティリティ
  • 無料

・ルーターのスイッチをいれ、スマホとwifiで接続、keyコードはルーターメニューのSSID内(あるいは裏蓋をあけると)にある。

・sim(docomo以外なんでもいい、サイズはマイクロ)をルーターにセット

※この時docomo系のsimをいれるとうまくいかないことがあります。

・スマホでHilinkを起動ログイン(パスワード:admin)

※この時、ルーターのメニューを触ると「端末操作中・・ログインできません」となるので注意

・歯車マーク→デバイス→デバイスのロック解除→アンロックコード入力→解除

格安SIMのAPN設定

・格安simをルーターにセット

・スマホとルーターをwifi接続

・safariなどブラウザを起動して、アドレス欄に「192.168.128.1」入力

・パスワード「admin」入力

・ルーター設定画面になるので、モバイルネットワーク設定→プロファイル管理

・新規プロファイルを押して、SIM会社から指定されたものを入力していきます

f:id:basara88:20190426103522j:plain
lineモバイルの例

回線をつかまないときは、Hilinkを起動→ネットワーク→ネットワーク検索してみるとよい。

4Gに固定するときは、優先ネットワークを「4Gのみ」にするとよい。

結果

・docomo系so-net simは、3Gでしか繋がりません(札幌では)

「東名阪」のみ4Gでつながるが、対応バンド少ない。

・ソフトバンク回線lineモバイルSIMは4Gで繋がり快適

これは、ルーターが対応している周波数とキャリアの周波数がうまくあっていないためです。

f:id:basara88:20190426103929j:plain

GL10Pは、ソフトバンク回線のLINEモバイルのデータプラン(500円)が速くて大変得です

ソフトバンク製 iPAD AIRにLINEモバイルのソフトバンク回線SIMは使えるか(その3)

ソフトバンク製(以下「S製」)iPAD AIRに格安シムのlineモバイルが使えると便利だなと思ってはじめた調査です(その3)

使えませんでした。

 iPHONE5Sにいれるのがお勧め。

前回まで

・S製のiPADなので、ソフトバンク回線のSIMを入れれば、使えるだろうと思い、深く考えないで、lineモバイルのソフトバンク回線用NANOSIMを入手

結果 S製iPAD AIR ×、S製iPHONE5s ×、SIMフリールーター 〇

・別なlineモバイルのソフトバンク回線用NANOSIM(iphone専用)をさらに入手し、今回チャレンジしてみることに

結果

S製iPADAIR ×、S製iPHONE5s 〇(デザリング〇)、SIMフリールーター 〇

という結果になりました。

まとめ

その後の調査でわかったこと

・ソフトバンク回線SIMは14種類と非常に多く、iPADとiPHONEのSIMは別物である。

・S製iPADAIRで使える格安SIMは、mineo(SプランiPAD第5世代以前用NANOSIM)かB-mobile(ソフトバンク回線190PADsim)しかない模様

・SIMロック解除ができない機種なので、ロック解除アダプタを使う方法もあるが失敗する可能性が高いのでやめたほうがよい。

・外出してiPADを使うときは、モバイルルーターに格安SIMをいれて使うのがいいような気がしてきました。今使っている、スマホのmineo(AU回線)より早いような気がします。

・あるいは、音楽プレーヤーで使っているiphone5Cがへたってきたので、使っていないiPHONE 5SにlineモバイルSIMをいれて音楽を聴き、iPADにテザリングするという使い方もあります。しかし古い機種なので、テザリングするともたつき、電気をくうので充電が面倒です。

・ネットには、「IPADに格安SIMを使うのは簡単」のような情報も多いですが、古い機種、docomo以外の機種はよく調べたほうがいいです。

・中古でIPADを買うときは、古いs製のものはやめて、SIMロック解除できる新しめの機種かdocomoの機種を買うのをお勧めします。

追記

使わなくなったiphone5sに月500円のデータsim入れてますが、とても快適です。

連絡にLINEしか使わないなら、格安です。お勧めです。

おまけに、softbankの中古5Sは、5千円程度で売ってます。

ソフトバンク製 iPAD AIRにLINEモバイルのソフトバンク回線SIMは使えるか(その2)

続編です。LINEモバイルのSIMが到着したので、早速入れてみましたが、「SIMが無効です」となって使えません。

どうします?

 手順

①アマゾンでエントリーパッケージを購入

②到着後、HPからコードを入力し、申し込み。

・ここで分かったのが、事務手数料3,000円は無料となるが、データsim(SNSなし500円)コースは選べず、sns付きの620円コースになってしまうこと。

・どうしても、500円コースにしたい人は、招待キャンペーンを利用すると、事務手数料千円で、加入できます。

・招待してくれる人が必要ですが、ヤクオクでは、無料で招待してくれる出品が多数あります。(紹介者にポイントが付与されるため)

・申し込みの際に、simを選択しますが、ソフトバンク回線は、

 iPhone専用ナノSIM、ナノSIM、マイクロSIM、標準SIMの4種類です。
 IPADやIPHONEは、ナノSIMですが、iphone専用と普通タイプがあります。
f:id:basara88:20190422143804p:plain
動作確認

・iPAD AIRは×なのですが、動くという情報もあったので、今回は普通のナノsimで申込みました。

結果

・iPAD AIR × アクティベーション途中で「simが無効」となり失敗

・iPHONE5S × 同上 失敗

・シムロック解除したdocomoのモバイルルーター(L-03E)〇 成功

ルーターだけが動くという結果です。回線は早いです。

f:id:basara88:20190422154639p:plain

その後

iPHONE専用SIMは、iphone5s以降の機種で動作確認がとれています。

MINEOでは、ソフトバンク回線SIMがIPADAIRで動作確認されている。

知りたい気持ちが止められず、iphone専用SIMを申し込みました。

費用を節約するため、自分で自分を招待しました。ポイントもらえます。

つづく

朗報 中古のドコモ端末でもSIMロック解除ができるように 2月20日から条件緩和

先日、予定している海外旅行に向けて、モバイルルーターのSIMロック解除の話を書きました。

これまでは、ヤフオクなどで購入した中古の端末は、SIMロック解除の対象ではありませんでした。

このため、ファーウェイなどの海外製端末であれば、海外サイトでロック解除のコードを売っているケースがあって、その場合に限って可能でした。

 ドコモが発表

詳細は、今後案内するとしていますが、

「ドコモのサイト」や「ドコモショップ」で、手続きができて

ネット手続きは無料、ドコモショップでは3,000円手数料がかかります。

www.nttdocomo.co.jp

他のキャリアは、

別な記事のよれば、AUやSOFTBANKなども追随するのではと書いています。

これは昨年8月に出された「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」の改正に基づくもので、中古端末の流通を促進しようとする意向が背景にある。なお、ガイドライン内では2019年9月以降での対応が義務化されており、au/ソフトバンクも上記タイミングまでには可能になるものと思われる。

ascii.jp

格安SIMの多くがdocomo系なので、メリットを感じるユーザーは少ないと思いますが、海外旅行に行くときに、SIMフリー機種は大変助かります。

また、中古の端末はdocomoの端末が多いので、手に入れやすいです。

予定している旅行には、前にsimロック解除したGL10Pと、現在格安SIM(ゼロシム)を入れて持ち歩いているL-02Fをロック解除して持っていこうと思います。

ちなみに、L-02Fは中古で3千円前後、電池もちがいいのでお勧めです。

ドコモ Wi-Fi STATION L-02F ルーター docomo 本体

 

ドコモ Wi-Fi STATION L-02F ルーター docomo 本体

  • 出版社/メーカー: LG
  • メディア: エレクトロニクス
 

タイへの海外旅行用にGL10Pを無料でロック解除 コツがありました。いいSIMもあります。

海外旅行で便利なモバイルwifiルーター。タイに行くのでGL10P(Emobile)をゲットし、simロックを解除して、SIMカードを用意するまでを忘れないように書いておきます。

準備

旅行は東南アジアに妻と行くことが、多いです。

食事や観光スポット、交通などを調べるには、インターネットが必須です。

街の中やホテルでは、無料のwifiがありますが、上手くつなげなかったり、

有料だったりするので、モバイルwifiに現地のsimをいれて持ち歩くと便利です。

3月末にパタヤビーチに行く予定なので、安くて手軽なルーターを探してみました。

「ルーター simロック解除」と検索すると

EMOBILEのモバイルルーター「GL10P」をSIMロック解除する【実録】

emobileのGL10Pがよさそうです。タイでも使えます。

SOFTBANK イーモバイル GL10Pをタイで使う | キャタイのブログ(タイでドップリとセミリタイヤ生活)

中古品では、2000円前後です。(ヤフオクやメルカリで探してください)

SIMフリー GL10P Huawei Pocket WiFi ホワイト 【EMOBILE】

SIMフリー GL10P Huawei Pocket WiFi ホワイト 【EMOBILE】

  • 出版社/メーカー: Huawei
  • メディア: エレクトロニクス

SIMの入手

現地では、空港に多くの電話会社のショップがあるので、そこで入手するのが楽です。今回は、amazonでいいのを見つけました。2枚購入しました。

【AIS】タイ プリペイド SIM7日間 データ通信無制限 100分無料通話つき

【AIS】タイ プリペイド SIM7日間 データ通信無制限 100分無料通話つき

  • 出版社/メーカー: AIS
  • メディア: エレクトロニクス

SIMロック解除

参考にしたのは、このサイトです。無料でできました。

gadget-live.net

・リセットスイッチを長押しして、リセット

・裏蓋をあけて、IMEI番号をメモする

Free Huawei Unlock code calculator onlineというサイトで、IMEI番号をいれて、解除コードをメモ(私は v201 codeで解除できた)

・スマホに、Huawei HiLinkというアプリをインストール

・ルーターにsimをセット

・スマホとルーターをWIFIで接続

Huawei HiLinkを起動して、ログイン(パスワード:admin)

・設定(歯車マーク)→デバイス→ロック解除→解除コード入力→解除

※うまくいかなくて、2日ほど試行錯誤しました。

・最初にドコモ系のsimを入れるとだめでした。(ロック解除メニューが薄く、キー入力画面にならない)

→昔使ったタイのsimをいれるとうまくいきました。(docomo系以外ならOK??)

・アプリでログインすると「端末操作中・・ログインできません」となる。

→ルーターのスイッチを入れたら、画面に触らないようにするとうまくいきました。

現在は、ドコモ系の「0sim」をいれて使ってます。なぜか3Gモードです。(調査中)

現地simのapnの設定

有効期間が1週間なので、タイについてから、設定します

・ルーターの裏蓋をあけSIMセット

・スマホなどで、WIFIで接続(ssidとパスワードは、裏蓋下やルーター画面で確認)

・safariなどのブラウザを起動して、検索窓に「192.168.128.1」と入力

・「admin」でログイン

次に3G/4Gの設定をモバイル設定から行います。
<AISの設定>

名前:AIS internet

APN:internet

認証方式: CHAP

あと、ローミングをオン   これをオンにしないと電源オンで自動的に3G/4Gに繋がりません。

海外で、ルーターを持って歩くと、ネットで調べ物をしたり、LINEで連絡を取ったりできて便利です。

注意事項は、スマホのモバイル通信はOFFにするのを忘れないことです