basara88’s blog

札幌発 住みたいまちづくりのヒント

年金生活で不安なのが医療と介護です。調べると思ったほどお金がかからないようです。(介護編)

医療編に続き、介護編です。

f:id:basara88:20190702122628p:plain

介護の制度

介護保険サービスの利用者負担は、1~3割

f:id:basara88:20190702100755j:plain

厚生労働省 H30.8~

・年金収入 夫250万円(所得130万円)、妻80万円(所得0円)では、1割負担です

 

 事例1

公財)生命保険文化センターの試算です。

実際にかかる介護費用はどれくらい?|公益財団法人 生命保険文化センター

 

要介護3の夫を在宅で、介護するケース(自己負担1割)です

・初期費用(器具の購入、家の改装など)20万円(自己負担2万円)

訪問介護デイケアショートステイなど 27万円(月)(自己負担3.4万円)

5年間介護すると、2+3.4×12×5=206万円

 

事例2

「貯め込むな!お金は死ぬ前に使え 荻原博子」で紹介している例

公財)生命保険文化センターが行った実際に介護経験のある人へのアンケートもとにすると、

・介護期間56.5月、初期費用91万円、月負担額7.7万円

 91+7.7×56.5=526万円

 

貯め込むな! お金は死ぬ前に使え。

貯め込むな! お金は死ぬ前に使え。

 

 

 

※月負担額7.7.万円となっていますが、介護保険でのサービスには、介護の状態で利用できるサービスの上限と収入により利用者の利用負担の上限が決まっています。

f:id:basara88:20190702103856j:plain

札幌市資料

私のケースでは、第4段階44,400円が負担上限です。妻単身だと第2段階1.5万円

在宅の場合、月の負担は、1.5~4万円程度です。

 

 

 施設に入居する場合

施設に入居すると、介護サービス費のほかに、居住費、食費などがかかってきます。

特別養護老人ホームが比較的安いとされてますが、なかなか空いてないようです。

施設の形態は、非常に様々です。入居一時金が高額なものから無料のものまであります。

最近、私の親戚が入居したのが住宅型有料老人ホームです。要介護3で、住居費、食事等で9万円、介護サービスで2万円ぐらいかかっているそうです。

 

ケース1

例えば、妻がもらえる遺族年金が180万円(15万円/月)で、施設に入居し月18万円かかるとすると、3万円不足になります。

必要な費用は、3×12月×5年=180万円

 

ケース2

夫が施設に入所、妻が単身生活の場合。

収入は、330万円(27.5万円/月)

妻単身生活費15万円/月、夫介護関係費用18万円/月、計33万円/月(5.5万円不足)

必要な費用は、5.5×12月×5年=330万円

 

まとめ

 この試算がとれほど確かなのか、私にも自信はありませんが、色々な負担軽減制度があり、高額な施設に入居しなければ、なんとかなるような気がしてきました。

 施設にはいるようなケースになれば、今のマンションを売却することも考えなければなりません。

 医療も介護も負担には限度があり、70才以上になると、合算して56万円(一般の場合)が年間の上限になります。

 

 介護に夫婦で500万円として

医療と介護の安心のため、夫婦2人で1千万円ぐらい、貯えがあればいいのではないかと思います

マンション売れば、もっと少なくなります。

 

 

www.basara88.work

 

 

 

年金生活で不安なのが医療と介護です。調べると思ったほどお金がかからないようです。(医療編)

条件

夫婦2人世帯。収入は年金のみ

・夫 年金250万円(所得130万円)

・妻 年金80万円(所得0円)

医療費はどのくらいかかるのか

病気になると国民健康保険で受診しますが、負担割合は、

・69才までは、3割の自己負担

・70~74才は、2割負担(現役並み所得者は、3割負担)

 

毎月の医療費負担には、自己負担限度額があります。

f:id:basara88:20190628111832j:plain

国保加入者の手引き 札幌市

・69才以下の場合

自己負担限度額は、収入によって5区分あります。

今回のケースでは

所得区分 一般 エ (各加入者の所得から33万円を引いた額の合計が210万円以下)

限度額は、57,600円(過去12月に高額医療費が3月以上の場合は、以降44,400円)

夫婦2人が1年間入院して、医療費が毎月100万円かかったとしたら、本来の医療費は720万円ですが、自己負担は57万円です。

 医療費   2人×100万円×12月×0.3=720万円 

 自己負担額 57,600円×3月+44,400円×9月=568,800円です。

 

・70才~74才の場合

自己負担率は、2割です(現役並み所得者は、3割負担)

 

自己負担限度額は、収入によって6区分あります。

今回のケースでは、「一般」外来18,000円(年間144,000円限度)、外来+入院57,600円(多数該当44,400円)

夫婦2人がそれぞれ毎月10万円1年間通院しても、144,000×2人=288,000円(年額)

夫婦2人が1年間入院したケースでは69才以下のケースと同じ568,800円です(年額)

 

・75才以上(後期高齢者医療制度

f:id:basara88:20190628112548j:plain

国保加入者の手引き 札幌市

自己負担率は1割(現役並み所得者は、3割負担)

自己負担限度額は、収入によって6区分あります。

今回のケースでは、「一般」外来18,000円(年間144,000円限度)、外来+入院57,600円(多数該当44,400円)※70~74才の場合と同様です。

 

高額介護合算療養費が適用されるようになります。

一般区分では、医療費と介護サービス負担金の合計の限度額は56万円となります。

 

まとめ

介護は、勉強不足なので別な機会に記事にしたいと思います。

まとめとしては、1年中通院、入院していても、医療費負担の上限は、年間30万~60万です。思ったほどかからないというのが感想です。

総務省の家計調査(2018)では「高齢夫婦無職世帯の保険医療費」の支出は、1万5千円(月)程度でした。

根拠はありませんが、医療費用として夫婦で500万ぐらい貯えがあると安心のような気がします。

 

 私が昔不正脈で手術、2週間入院した経験からいうと、医療費は、百万円ほどかかりましたが、自己負担は、20万円弱でした。

但し、差額ベットや先進医療は、健康保険の対象にならないので、自己負担が非常に大きくなります。

 また、所得の多い「現役並み所得者」に該当すると、今回のケースより高くなります。

 

 

Amazon MasterCard ゴールドが今だと得なので申し込むことにしました。

 7月15日、16日にAmazon Prime dayがあるためか、その前の6月28日~7月1日にAmazon MasterCard ゴールドカードをつくると、得なので申し込みます。

 

 

理由

・6月28日~7月1日にAmazon MasterCard ゴールドカードをつくると、5000ポイント付与

・このカードをつくると、Prime会員のサービス(年会費4,900円)が無料になる。すでに会員で会費を払った人は、返金される。

・カードの年会費は、10,800円と結構高いが、色々な割引がある。

・ゴールドカードなので国内線空港ラウンジ利用や旅行傷害保険などの特典もある。

 

①初年度

 「マイ・ペイりすポ」というリボ払いを申し込むと、会費半額(5,400円割引)

 結果 10.,800円ー5,400円-5,000ポイント=400円(実質額)

 400円で年会費4,900円相当のprimeサービスが利用できます。

 

②2年目以降

「マイ・ペイりすポ」に登録があり、前年度1度以上カード利用で、5,400円割引

 カード利用代金WEB明細書サービスで過去1年間6回以上の請求あり 1,080円割引

 結果 10,800円ー5,400円ー1,080円=4,320円

 となり、Prime会員の会費よりも安くなります

amazonで買い物すると、2.5%という高還元率でポイントが付きます。Prime Dayには、最大10.5%のポイントが付くようです。

 

重要な事

Amazon Mastercardゴールドの宣伝のようになってしましましたが、重要なことがあります。

「マイ・ペイりすポ」は、リボ払いですので非常に高い15%の手数料がかかります。

そのための対策としては、毎月の支払額を高くし、実質1回払いとなるようにすると手数料がかかりません。

 毎月の支払金額は、デフォルトでは、1万円になっていると思いますが、5万円の買い物をすると1万だけ支払われて、残り4万円は、手数料のかかるリボ払いの対象になってしまいます。

 このため、毎月の支払金額を100万円など高額にしておくと、実質1回払いで手数料がかかりません。

カード会社(三井住友カード)のホームページにアクセスし、「マイ・ペイりすポ」の支払金額の変更を、例えばカードの利用限度額いっぱいまで上げておく必要があります。

 

自転車に乗って、イヤホンで音楽を聴くのはダメ。

 天気のいい日は自転車通勤してますが、たまにイヤホンをして自転車に乗っている人を見かけます。危険だし、確か違反だったはず。片耳だといいのかなど、色々疑問がわいてきました。

f:id:basara88:20190625141545j:plain

法律違反?

イヤホンをして運転するのを、はっきりと禁止しているところと、そうでないところがありますが、北海道では、禁止しています。

 

(7) 高音でカーラジオ等を聴き、又はイヤホン若しくはヘッドホンを使用して音楽を聴くなど安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で、車両を運転しないこと。 ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホン又はヘッドホンを使用するときは、この限りでない。

  (北海道道路交通法施行細則)

 この規則では、自転車に限らず、自動車など車両を運転する場合も禁止です。

 また、音が大きいなど「安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態」は、ダメです。

 片耳イヤホン、ネックスピーカー、スピーカーなどもその状態によっては、警察官に注意をうける可能性があります。

 

この他にも施行細則には、

・ 警音器を備えていない自転車を運転しないこと。

・傘を差し、物を担ぎ、物を手に持つ等運転の視野を妨げ、若しくは安定を失うおそれのある方法で、自転車を運転しないこと。

・自転車を運転するときは、携帯電話用装置を手で保持して通話若しくは操作し、又は画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと。

などが、記載されています。

 

私の方法

 私は、使わなくなったiphoneを音楽プレーヤーにしています。

 自転車通勤のときは、IPHONEのスピーカーのある面を上にして、ワイシャツの左胸のポケットに入れて音楽を聴いています。

 左耳めがけて音がでてくるので、あまり大きな音でなくても聞こえます。

 当然音漏れはしますが、音が上に逃げていくので近くの人以外は、うるさくないはずです。

 不便なのは、曲送りや音量調整などの操作ができないことです。ブルーツースのリモコンを探しています。

 

通勤ルートは約11キロありますが、ほとんどをサイクリングロードを通ってきます。

豊平川のサイクリングロードは、とても気持ちいいです。

週に3日ぐらいは、自転車通勤してますが、最近痩せてきたような気がします。

 

年金生活になると生活費がいくらかかるのか、家計調査を元に調べてみました。

年金2千万円不足問題で根拠になっているのが、総務省の家計調査です。自分が年金暮らしになったら、毎月どのくらいの生活費になるのか、収支はどうか調べてみました。

f:id:basara88:20190618125304g:plain


 

試算するケース

・夫、妻 ともに現在62才

・65才の誕生日まで働く予定

・年金は、全額支給停止中

※年金額は、あくまで仮定です。

 

総務省家計調査(2018年)

 

f:id:basara88:20190624141912j:plain

総務省

・60才以上の無職(年金生活)世帯の家計収支

・60才以降の家計は赤字。60~64才の赤字が一番多い。年金が出ない、少ないためと思われる。

・消費支出が毎月かかるお金で、年齢とともに減っていきます。

・この表には、載ってませんが、60才以上の単身世帯の平均消費支出は、149,603円。

 

以上のことから、必要な生活費(平均)は、月額で

 65才~69才 26万円

 70才~74才 25万円

 75才以上  22万円

 単身    15万円

 

試算ケース

想定 夫 ~85才

   妻 86才~90才(単身)

 

65才からの生活費トータルは

(5年×26万+5年×25万+11年×22万+5×15万)×12月=6,800万円

 

家計費の内訳

f:id:basara88:20190624144540j:plain

 家計費の内訳をみると、住居費(1.3万円)が少ないです。住宅ローンを払い終えている人が多いのでしょうか。

 わが家は、定年退職時に、マンションに住み替えたので、ローンが結構残ってます。

 現在住宅ローン(7万円)と管理費等(3.5万円)で10万円以上払ってます。

 家計費にその分の上積みが必要です。

(上積分 400万円(ローン)+MS管理費等(2万円)×12月×26年=1,076万円)

 

 住宅ローン減税(10年間)が終わるころ一括返済したほうがいいです。

 

 教養娯楽費が、10%と結構お金を使ってます。生きがいに関することなので気持ちよくわかります。

 

結局収支はどうなるのか

年金は年額で夫婦で330万円くらいになりそうです。単身では180万円。

・収入 21年×330+5年×180=7,830万円

・支出 6,800万円+1,076万=7,876万円

 結果 -46万円

 

介護、葬儀、臨時費用などを考えると、厳しいです。

また、自動車の維持費も結構かかっているので、70才を過ぎたらやめたほうがいいかもしれません。

 会社の理解が得られれば、出勤日数を減らして、65才以降も働けたらいいです。

 実は、社会とのつながりが持てるので、働くことが好きなんです。

 

 

www.basara88.work