basara88’s blog

まちづくりジャーナリスト

札幌のシェアサイクル でもビジネスは厳しい

ドコモの自転車シェアリングが全国で広まってますが 

札幌には、ポロクルというシェアサイクルが市民に愛用されています。

 

 

2009~2010年のシェアサイクルの実証実験を経て、2011年からサービスを開始しました。

 日本でもかなり、早いスタートです。

 北海道は、冬自転車に乗れないというハンデキャップがあるにも関わらず、自転車愛好家が多いです。毎年夏になると、ツールド北海道という有名な大会もやっています。

 

f:id:basara88:20190118093751j:plain

porocle

ポロクルのサービス 

 札幌市のホームページからの抜粋です。

「ポロクル」は、サイクルシェアと呼ばれる新しいタイプのレンタサイクルです。札幌中心部の40カ所以上に設置されたポート(無人の専用駐輪場)で、登録したICカードをかざすだけで簡単に自転車が利用できます。一般的なレンタサイクルとは違い、借りた場所に返す必要はありません。どのポートでも自転車を借りられ、返却も可能という便利なシステムで、メンテナンスされた自転車を使いたい時だけ使うというスタイルです。

会員登録して便利に使う1回プランと1ヵ月プラン、簡単なお申し込みで観光に最適な1日パス、このほか、法人様向けのプランと、用途や生活スタイルに合わせてプランを選べます。

 

運営方法

 事務局は、NPO法人ポロクルで実際の自転車の再配置やポートの管理は、NPO法人EZOROCKが行っています。ちなみに、EZOROCKは、北海道を代表する屋外音楽イベントの「RISING SUN ROCK FESTIVAL」などで環境対策ボランティアなどをやっている若者たちです。

あなたとつくるやさしいまち ポロクル | NPO法人ポロクル

利用状況

年々利用者が増えてきていますが、近年は観光利用が急増しています。

しかし、収支状況は厳しいようです。

一般・法人を合わせた新規会員登録件数が昨年比1.53倍、累計登録会員数は12,666件となりました。観光向けプランの利用も昨年比1.1倍、特に国外観光客の利用は昨年比1.76倍に増加しました。
(ポロクル事業レポート2017)
 

f:id:basara88:20190117172028j:plain

ここから始まった

 東京大学北海道大学・㈱ドーコンによる産学研究グループとして「北海道モビリティデザイン研究会」が発足。

 2008年に研究会主催の「北海道モビリティカフェ」が開催。(私も参加)

 

 有識者、学生、企業が参加し、この中で東京大学の羽藤先生から、パリのVelibについて、icチップのクレジットカードだけで簡単に利用でき、急速に普及している様子が紹介されました。

北海道モビリティデザイン研究会

jp.france.fr

 2009~2010年のシェアサイクルの実証実験を経て、2011年から株式会社ドーコンモビリティデザインがサービスを開始しました。

 また、2014年 NPO法人ポロクルによる運営がスタートしました。

 やはり、営利を目的とした株式会社での運営は難しく、社会的に意義のある活動なのでNPO法人にして、賛助会員や寄付、税優遇を受けてやっていくのがいい方法だと思います。

 また、ezorockの若者たちの活動を目にすると頼もしくも感じます。

 

f:id:basara88:20190118093912j:plain

ezorock

 

札幌に来て機会があれば、乗ってみてください。受付カウンターは、大通まちづくり会社の入っているドリノキ内にあります。

ポロクルカウンター
地下:地下鉄大通駅10番出口直結
   日之出ビル9F 『ドリノキ』内
地上:札幌駅前通沿い西側

 

  話は逸れますが2017年に、突然中国のmobikeが札幌でシェアサイクルの実証実験を行うと発表。実験は行われたようですが、翌年には撤収しました。

   本国で大手2社による過剰なダンピング合戦が行われ、経営が悪化したのが理由のようです。

 

hre-net.com

 

 

 

 

 

 

 

節税:確定申告で損失を繰り越そう(FX編) 

 昨年、FX(外国為替証拠金取引)で安くなったトリコリラを買ったところ、さらに値下がりが止まらず、損失がでました。副業や小遣い稼ぎでやってる人は、確定申告するといいですよ。

 

逆張りは、危険

 昨年の春、トルコリラが史上最安値を更新したとニュースになりました。

またあるサイトで高金利通貨であるトルコリラスワップ(預金利子のようなもの)を使った投資法の記事を読んで、買ってみました。

 

 当時のトルコリラのレートは、25.5円(今は20円ぐらい)、スワップは、1万通貨当たり86円/日(86円×365日÷(25.5円×10.000)=12.3%/年)

 

 4万通貨買えば、毎月1万円の収入になる。  4×30日×86円=10,320円

との目論見でしたが、下落は止まらず、一部売却して損失が出ました。

 

FXの税金

 昨年の今頃は、仮想通貨が高騰して税金はどうなるのかとの声もありました。FXも仮想通貨と同じ、雑所得です。

 違うのが、平成24年から申告分離課税になって、税率は20.315%なので仮想通貨よりも税金面で恵まれています。

 

・一般的な会社員の場合、20万を超える利益があった場合、確定申告が必要。

・複数の会社でFXをしている場合は、各社の損益を通算できる(損益通算)

・損失を3年間繰り越して、来年度以降利益が出れば相殺できる(繰越控除)

・損益通算や繰越控除が、FXについてだけできて、おなじ雑所得の年金にかかる税金等が安くなることはありません。

・申告書は、一般的な「給与・公的年金専用」ではなくて、「すべての所得対応」になります。

 

最後に

確定申告すると税金の勉強になります。

FXの損失も、来年以降20万円をこえる利益がでなければ、繰越の意味はないかもしれません。

所得税が安くなると住民税が安くなるメリットもあります。

確定申告は、費用もかからないし、e-taxでPCで作成して送信するだけです。

やってみましょう。

 

 

 

節税:確定申告で税金を取り戻そう(医療費控除編) E-taxは便利ですよ

 E-TAXで確定申告すれば、簡単です。今年から「IDパスワード方式」が可能になってICカードリーダーも電子証明書もいらなくなりました。住民税も安くなります。

 

医療費が10万を超えれば、医療費控除できます

・1月1日から12月31日までの医療費が対象です。

10万円を超えるのは、難しい思われるかもしれませんが、少しの手間で意外と積みあがるものです。

 

・対象者

自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費」が対象となるため、世帯主(私)と配偶者(妻)と息子(社会人)の分を計上してます。

 

・医療費 交通費を計上しよう

 「実際に支払った医療費-保険金などの補てん分ー10万円」が控除されますが、

 医療費には、通院に要したバスや地下鉄などの交通費を計上してよいことになっています。(タクシーやマイカーのガソリン代、駐車料金は原則ダメなようです)

 

バスや電車は、領収書がないので、交通カードの履歴を調べるなどして、明細書に入力していくことになります。

・ただ1年分の履歴は残ってないので、分からない場合は、ネットで正確に調べます。

 yahoo路線情報、EKITAN、MAPFAN乗換案内など

・たとえば、札幌市内で、地下鉄とバスを乗り継いで病院を往復すると

 (250円+210円)×2=920円 となり、ばかにならない金額です。

 

私のやりかた

 年をとったせいか、夫婦で病院にかかることが多くなりました。医療費控除の申告はここ最近毎年行っています。以下のような流れです。

 

事前の準備として

①区役所などでマイナンバーカードを取得し、電子証明書を発行してもらう

ICカードリーダーを購入し、PCにセットする

 

 上記の2つが大きなハードルでしたが、今年から「IDパスワード方式」でもできるようになりました。税務署で発行してくれます。

 

機器(あるいはIDパスワード)が整ったら

 

国税局の確定申告書等作成コーナーにいき、セットアップをする。

あとは、E-TAXを選んで、源泉徴収票などを参考に入力していきます。

 

医療費控除のところでは、いろいろな方法が選べますが

 私は、その前に医療機関や薬局、交通費をいったんエクセルに入力し、国税局HPから明細書フォームをダウンロードし、エクセルで集計した個人別、医療機関別、薬局別、交通費データを入力します。

 

 E-taxのいいところは、医療費控除の場合、保管義務はありますが、源泉徴収票や領収書、証明書等を税務署に送付しないくもよいことです。

 

 また、税金の還付申告は、1月から申告できます。申告後、1か月ぐらいで銀行口座に入金されます。

 私は、このほかに、「ふるさと納税」と「社会保険料(妻の国民年金任意加入分)」と「FXのトルコリラの損失」をあわせて申告する予定です。

 

(追記)札幌中税務署で、パスワード発行してもらいました。税務署の人の立ち会いのもと、確定申告書作成コーナーのpcで住所氏名等を入力するだけです。

どこの税務署でもいいようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

便利な図書館「図書情報館」また行ってきました

以前紹介した、本を貸し出さない市民交流プラザの「図書情報館」です。

 

 市役所などに行ったあと時間があるとすっかり、入り浸るようになってしまいました。

 

 最近、会社勤めをしながら、技術士事務所を開けないかと思っているので、起業とかフリーランスなどの本を読んでます。

 

ここは、ビジネス関係の本が多いです。

この図書館は本を貸し出さないので、読みたい本が読める可能性が高い。

 

  席が予約できる。予約しなくても、色々な椅子が置いてあって座れる。

 リーディングルーム以外は、多少pcで作業でうるさくしてもよい。

 

  1階でコーヒーを買って持ち込むとカフェで本を読んでるような感じになります。

 

 時間があるときは、1時間半ぐらいで1冊読んできます。

 

この頃は、受験生と思われる若者が多いですね。

 

いい施設ができてよかった。1階にはオープンなスタジオがあって、たまにライブもやってました。

 

このビルには放送局が入っていて、1階の入り口の前で、天気予報の中継をやってます。ので、本番にぶつかるとちょと恥ずかしくて困ります。

 

 

 

 

脊髄損傷に画期的な治療法が、条件付きで承認 治験では13人中12人に効果が

 昨年(2018)末、札幌医大とニプロが共同開発した細胞製剤「ステミラック注」が国から条件付きで製造販売の承認をうけました。神経を再生させて脊髄損傷を治療する画期的なものであると報じています。

www.hokkaido-np.co.jp

今回はまちづくり系の話ではないですが、最近おどろいたニュースです

どんな治療なのか

・これまで、神経血管系の病気では、心臓や脳の病気はカテーテルなど治療ができるようになってきたが、脊髄損傷など一度傷ついた神経や脳の細胞は元に戻らないとされていた。

 

・このため、リハビリを行うぐらいした対処法がなかった。

 

・今回札医大本望教授のチームが神経を再生させる治療法の開発に成功した

具体的な方法は

 間葉系幹細胞は神経や血液などになる能力を持ち、骨髄にわずかに含まれる。普段は血流に乗って全身を巡り、臓器の働きを正常に保ったり、傷ついた部分を修復したりするなど、自己治癒力に関わっている。

 実際の治療では、局所麻酔した患者の腰に針を刺し10分ほどかけて骨髄液を採取。その中の間葉系幹細胞を専用施設で3~4週間かけて約1万倍に増やし、約1億個ずつ40ミリリットルのバッグに詰めて凍結保存する。投与時に解凍し、計2バッグを腕の静脈に30~60分間かけて点滴で戻す。

 投与は1回だけ。間葉系幹細胞は傷ついた部分に自然と集まる。「多くの種類の神経栄養因子を分泌し、死にかかったり、眠っている神経を再び活性化」「新しい血管をつくり血流を回復」「何カ月も何年もかけて神経を再生」という主に三つのメカニズムが働いて、体のまひなどの後遺症を改善させるという。(北海道新聞

 

・行政サイドでも北海道発の画期的な取り組みに支援が行われています。大学病院(道立)なので製薬まではできないため、大学の敷地をニプロに提供し、製薬工場を建設しました。札幌市は工場の建設が可能なように許可をしました。

 

www.nikkei.com

 

いつから治療ができるようになるのか

・治療の対象は 損傷から1カ月以内の人

 

治療対象は脊髄損傷の急性期の重症患者で、損傷から約1カ月以内に骨髄液を採取できる人。(北海道新聞

 

・2019年度から、札医大で治療が受けられる

 

昨年末に札医大で開かれた記者会見では、治験の代表研究者の山下敏彦教授(整形外科学)が「19年度に治療が受けられるのは(全国で)札医大病院(に限定される)」と説明。ニプロの佐野嘉彦社長は、札医大の隣接地に設けた製剤の製造開発拠点である「ニプロ再生医療研究開発センター」について、現状の生産能力が年間100人分程度であることから、「当面、供給は限定的になる」と述べた。(北海道新聞

 

 

感想

 昨年、たまたま参加したセミナーで、札医大の研究成果の報告があり、治験の様子を聞きましたが、13人を治療したところ12人に効果があった、また自分の細胞なので、安全性が高いそうです。

 

 その動画を見せてもらいましたが、手が全く動かない患者が点滴を受けた次の日には指が動くようになり、1週間後には腕が動き、その後歩けるようになるなど、どんどん症状が改善し、半年で退院できたと報告されました。

 この動画を見たセミナー会場にいた人たちから驚きの声があがりました。

 

脳梗塞の患者さんの治験も現在行われています。

機能回復が困難と思われた方たちにとって、この治療法は大きな希望となるのででしょうね。

早期に正式な承認が得られ、多くの患者さんの助けになればいいです。

 

札幌医科大学附属病院 再生医療治験のお知らせ