basara88’s blog

札幌発 住みたいまちづくりのヒント

まちづくり

都計審で不同意となったその後

都市計画審議会で、議案が不同意になることは、めったにないことです。 前回1月の都計審で不同意となった議案が内容を見直し、再提案され同意されました。 どんなことだったのか、まとめてみました。 札幌市(八紘学園) 前回都計審の経緯 前回の都市計画審…

土地の境界について考えた。災害で境界がずれたら

地震による大規模な被害のあった清田区里塚地区ですが、札幌市の地元説明会の資料に液状化により土地の境界が動いたので、工事に先立って境界の復元が必要だとの説明がありました。 札幌市資料 そこで思ったのが、地球上のプレートは少しづつ変動しているの…

札幌のシェアサイクル「ポロクル」が4月26日から、新システムで運用開始

以前紹介した「ポロクル」ですが、今シーズンからNTTドコモと共同して、新システムで10連休中の4月26日にサービス開始しました。 www.basara88.work 経緯 昨年の12月にニュースリリースされてました。 NTTドコモとの共同運営試行実施について | ポロクル こ…

災害復旧と不公平

5月6日の北海道新聞に以下の記事が掲載されました 専門家「公平性欠く」 胆振東部地震は6日で発生から8カ月がたったが、札幌市内では、液状化による被害が新たに見つかるケースが相次いでいる。市内で液状化が集中的に発生した地区は計6カ所。市は最大規模の…

うまく公民連携したいと、サウンディング型市場調査を実施する自治体が増えてます

自治体が民間事業者と連携し事業を行う場合、役所だけではいいアイデアがでなかったり、民間との条件が合わなかったり、現実的でない一人よがりの計画になってしまうことがあります。 このため検討の早い段階で民間事業者から広く意見や提案を求め、市場性の…

札幌市内で、ドローンを飛ばすには、どうしたらよいか?許可や届け出が必要?

最近テレビ番組でも、ドローンをつかった空撮の映像がよく流れます。ダイナミックで雄大な自然など今まで見たこともないような映像が撮れるようになってきました。 個人でも飛ばしてみたいと思う方も多いのではないでしょうか。 ドローンについて ドローンは…

札幌の創成東地区では、プレイスメイキングの取り組みがスタートしてます

先日オープンスペースの記事を書きましたが、誰でも利用できる居心地のいい場所があれば、色々な人と交流したり安らぎを感じたりすることができます。プレイスメイキングという取り組みが始まっています。 www.basara88.work プレイスメイキングとは 自宅と…

心地よいオープンスペースの作り方 札幌市のガイドラインを参考に

容積率を増やすなど都市計画制度を緩和してもらう場合、役所から公共的な貢献を求められます。 具体的には、一般の人も使える公開空地などのオープンスペースが公共貢献として認められることが多いようです。 街をぶらぶら歩いていて、ベンチなどが置かれた…

恵庭市の「まちじゅう図書館」でまちづくり。とってもいいです

私は、子供のころから本を読むのが好きで、現在も時間があれば、テレビを消して夫婦で読書しています。 下の(HOKKAIDO magazine KAI)記事を読んで、とってもいいなと思ったので紹介します。 恵庭市 kai-hokkaido.com 札幌市近郊にガーデニングが盛んな恵庭…

ラウンドアバウト? YESの曲? いいえ円形の交差点です。

先日観光に行ったタイのパタヤにラウンドアバウト(環状交差点)がありました。日本ではどういう通行ルールなのか、どんな効果があるのか調べてみました。 出典 pattaya mail googlemap 上空からみるとかなり複雑な交差点です ラウンドアバウト(環状交差点…

札幌の市街化調整区域の活用ルールが変わりました。

以前、市街化調整区域に住宅をたてる記事をかきましたが www.basara88.work 昨年12月に札幌市の市街化調整区域の活用ルールが、12年ぶりに改正されました。 この方針に基づいて、具体的な基準が今後定められるそうです。 市街化調整区域の保全と活用の方針/…

警察に怒られないで、路上ライブをするには、どうしたらよいか

海外旅行にいったとき、観光スポットで路上ライブやパフォーマンスをやっていて、楽しいと思います。日本では、規制があって、簡単にはいかないようです。 どんな許可が必要か 道路は、公共の空間で私的に使ったり、通行を妨げるような行為は原則認められま…

市街化調整区域の土地を安く買って 家 建てられないかな と思ったことありませんか

市街化調整区域に、住宅などは建てられないことは皆さんご存知だと思います。 しかし、市街化調整区域に、住宅が建っていることも現実で、どうなっているのか、 抜け道があるのではないかと思うことがあります。 市街化調整区域について/札幌市 市街化調整…

ユニバーサルデザインタクシー ミニバンタイプのタクシーをよく見るようになった訳

最近、街を歩いているとミニバンタイプの大型タクシーを見かけるようになりました。料金は、普通のタクシーと同じなのか、なぜ増えてきたのか、調べてみました。 国土交通省 ユニバーサルデザインタクシー(UDタクシー) 国土交通省によれば、 ユニバーサル…

2月21日の地震で、札幌市が がんばっていたなと思うこと

2019年2月21日21時22分に北海道で震度6弱の地震が発生しました。 今回は、停電にもならず被害もほとんどありませんでした。(よかった) しかし地震の影響で、JR・地下鉄が運休となり帰宅困難者が、大量に発生。 タクシーを待つ長い行列が発生しました。 よ…

ポートランドには多くの若者が移住して、起業しているようだ 

若者が増えて、様々なビジネスにチャレンジしている街は、活気があっていいですよね。ポートランドでは多くの若者が移住して、起業しているようです。 札幌市では、秋元市長になってから、まちづくりなどを学ぼうと姉妹都市のポートランド市への職員の派遣な…

都市計画の現場  波乱の審議会を傍聴してきました。

都市計画審議会とは? どうして設置しているのでしょう? 都市計画は、都市の将来の姿を決めるものであり、かつ、土地に関する権利に相当な制限を加えるものであることから、各種の行政機関や住民の利害を調整し、さらに利害関係人の権利、利益を適正に保護…

どんな色の建物にしたらいいか?景観を良くすると、エリアの価値が上がります。

住みたいまちの要素として、居心地のよい環境を作っていくことが大事です。特に景観は重要な要素。家を建てるとき、どんな色にしたらよいか悩んだことはありませんか? 札幌市で出している色彩景観基準運用指針(札幌の景観色70色)から考えます https://www…

札幌のシェアサイクル でもビジネスは厳しい

ドコモの自転車シェアリングが全国で広まってますが 札幌には、ポロクルというシェアサイクルが市民に愛用されています。 2009~2010年のシェアサイクルの実証実験を経て、2011年からサービスを開始しました。 日本でもかなり、早いスタートです。 北海道は、…

札幌まで新幹線が延びると、東京からの所要時間は、どうなるでしょう

2019年3月のダイヤ改正で、北海道新幹線の青函トンネル内の運転速度が、140km/hから160km/hに引き上げられ、東京~新函館北斗間の所要時間が4分短縮、3時間58分になると発表されました。 北海道新幹線は、現在札幌までの延伸工事を行っていますが、完成すると…

ポートランドに学ぶオープンカフェの空間づくり

ポートランドと札幌 ポートランドと札幌市は姉妹都市なので、職員や市民の交流が盛んです。 交通政策やまちづくりなどでも参考になることも多いです。 2016年に市長と都市計画部局の職員が、ポートランド市開発局を訪れた時の調査報告を以前聞く機会がありま…

ベロタクシーは、まちのアクセント

札幌でも走っている「ベロタクシー」。カラフルなデザインで人目を引きますね。どんなシステムで運行されているのか、調べてみました。 ベロタクシー(VELOTAXI)とは VELOはラテン語で自転車。自転車タクシーですが、車体は普通の自転車とは、全然違います…

狸2条広場 創成川の上に広場を作りました

札幌都心の観光ポイントである狸小路と2条市場を結ぶ創成川の上空に、「狸2条広場」が整備され、地域交流イベントなどが行われています。 出典:札幌公園緑化協会 手前の白いアートは、安田侃氏の作品「生誕」です。近くの病院が寄付してくれました。 ・創…

大通まちづくり会社は、どんなことをしているか その1

大通まちづくり会社の仕事 大通まちづくり会社ができるまでは、商店街や商工会議所のいろいろな取り組みがありました。そのことが、会社設立の原動力になっています。どんな仕事をしているか調べてみました。 さっぽろホコテン 昭和48年から、札幌駅前通と南…

札幌市内には2つのまちづくり会社がありますが、まず大通まちづくり会社を紹介します

エリアマネジメント 最近、街づくりの現場では「エリアマネジメント」がキーワードになっています。 まちづくりは、行政が勝手に計画や条例を作ったり、〇〇センターという建物を建てるだけでは、地域の魅力や活力は向上しません。 エリアマネジメントは、一…

札幌市の駐車場制度が変わる 提案制度で最大50%緩和

まちづくりVS駐車場 札幌市の駐車場制度の変更について、現在開催されている市議会に提案されたと新聞に載っていました。 今回は、まちづくりと駐車場について考えてみます。 まちづくりを考えていくうえで、車とどう向き合っていくかは、議論の大きなポイン…

新しいMMが発表され、JCOMM(日本モビリティ・マネジメント会議)のプロジェクト賞を受賞

JCOMMとは・・ ケーブルテレビの会社ではありません 先日、MMの記事を書きました。 www.basara88.work このMMを普及するための団体がJCOMM(日本モビリティ・マネジメント会議)です。MMの創世期から関わっている京都大学の藤井先生や土木学会を中心に国、自…

家を建てたり、マンションを購入するとき、どの地区が将来有望か調べる方法

これからは、どこに住むが大事 人口が減ってくると、空き家が増えたり、若者が減って高齢者が多くなり、活力のない魅力のない地域になってしまします。 以前、私の住んでいた区は、札幌市内で人口減少と高齢化が一番著しい区でした。高度成長期には、大規模…

日ハム新球場の概要が発表に、しかし・・

出典:北海道日本ハムファイターズ 話題としては、遅くなりましたが 東洋経済オンラインにこんな記事がありました。 toyokeizai.net 金融ジャーナリストで球団の経営にも詳しい伊藤歩さんという方が書いています。 実際に北広島市にいって、取材されたようで…

デザインされた地下通路は、気持ちいい

地下通路といえば、暗くて、無機質で、ただ歩くだけの道路というイメージです。 下の写真は、札幌駅間通(札幌駅~大通)の地下にある地下歩行空間(愛称:チカホ)と地下鉄大通駅とバスセンター前駅を結ぶコンコンースにつくられた札幌大通地下ギャラリー「…