basara88’s blog

札幌発 住みたいまちづくりのヒント

交通の新しいトレンド モビリティ革命Maas

Maas(Mobility as a Service)とは、総務省のHPによると

■MaaSとは
 電車やバス、飛行機など複数の交通手段を乗り継いで移動する際、それらを跨いだ移動ルートは検索可能となりましたが、予約や運賃の支払いは、各事業者に対して個別に行う必要があります。
 このような仕組みを、手元のスマートフォン等から検索~予約~支払を一度に行えるように改めて、ユーザーの利便性を大幅に高めたり、また移動の効率化により都市部での交通渋滞や環境問題、地方での交通弱者対策などの問題の解決に役立てようとする考え方の上に立っているサービスがMaaSです。
 MaaSの実現及び提供には、スマートフォンやデジタルインフラの整備・普及のほか、鉄道やバスの運行情報、タクシーの位置情報、道路の交通情報などの移動・交通に関する大規模なデータをオープン化し、整備・連携することが必要となります。ユーザーの経路検索・改札通過等の移動履歴や支払い情報などのパーソナルデータの活用、ドライバー不足を補うための自動運転やコンパクト・モビリティ1、電気自動車(EV)などのクルマのイノベーション、効率的な移動手段を分析、提案、改善するためのAIの活用など、いま急激に発展しつつある各種の技術が交差するサービスといえます。

 

 日本では、Uberが認められていないこともあり、あまり注目されていないです。ライドシェアなど最近は、いろいろな新しい交通サービスが生まれてきています。自動車を所有していなくても、これらのサービスを組み合わせることで、目的地まで行くことができます。この場合、必要なのがトータルな情報とシステムです。バス、電車、鉄道、レンタサイクル、タクシー、駐車場、(Uber)などを組みあわせたシステムで1回の申し込みで1度の支払い(スマホでキャッシュレス)だと便利ですよね。

 

シアトル(米国)では、マイカー通勤が1割減ったそうです。

↓すいません。有料記事です。(無料会員になってご覧ください)

trend.nikkeibp.co.jp

 

 福岡で社会実験が行われます

 福岡で、実験が始まりました。期間 は、2018年11月1日(木)~2019年3月31日(日)です。

 

newsroom.toyota.co.jp

 

福岡やその近郊にお住まいの方は。アプリをダウンロードして、ぜひ体験して下さい。

 

 

www.myroute.fun