basara88’s blog

札幌発 住みたいまちづくりのヒント

70才から年金支給とか定年延長とか??

年金制度が見直し

  最近、年金の支給が70才からになるとか定年が延長されるという報道目につくようになりました。

 これだけ、高齢者が増えてるんだから、見直しはしょうがないです。

 40年間働いて保険料負担して、10年程度年金をもらって死ぬというのが基本スキームだったと思うんです。平均寿命が延びて受給期間が延びているのだから、受給開始を遅らすか、受給金額を減らすしかないですね。

 

年金の損得

 年金に関する記事を読むと、どうすれば得か損かという内容が多いですが、いつ死ぬかによります。受給を遅らせて増やす(繰り下げ)のは、遅らせている間に死んでしまえば損です。逆に長生きしたら増えた年金をずっともらえて得です。

 受給を早める(繰り上げ)のは、減額されてしまうので損です。長生きしなければ得です。いつ自分が死ぬのかはわからないので、損得で考えるのは意味ないです。

 

  年金を巡る議論では、世代間の不公平が大きな問題です。そうすると、払う若い世代ともらう世代とで、年金が高い安いの議論になってしまいます。原資が限られているので、受給期間を短縮するのが公平ではないかと思います。

 

不満に思うこと

    今に制度で不満なのが、働くと年金が減額されることです。働こうという気持ちがしぼんでしまいます。収入の多い人から、たくさんもらうというのは、理解できます。別な方法はないでしょうか。厚生年金は、保険料の上限がありますが、所得税のように上限撤廃してはどうでしょう。

 

働くことは、生きる力になる 

 定年退職した時思ったのは、自分には、職場や仕事関係以外に友達や居場所がないということ。

 いわゆる定年本を読むと、退職後は何をしたら良いかというと、起業する、習い事をする、ジムに行く、ボランティアをする、妻と旅行にいく、町内会活動をするなどですね。でも今までやってこなかったことを急にはできないです。

  それで、やはり給料が安くても、働くのが楽しいなと思う。今までやってきたことがいかせる仕事ならもっと楽しい。健康なうちは、ずっと働きたいなと思ってます。

 それと働くことの一番の喜びは、金額の多少にかかわらず稼ぐということですね。