節税:確定申告で損失を繰り越そう(FX編) 

 昨年、FX(外国為替証拠金取引)で安くなったトリコリラを買ったところ、さらに値下がりが止まらず、損失がでました。副業や小遣い稼ぎでやってる人は、確定申告するといいですよ。

 

逆張りは、危険

 昨年の春、トルコリラが史上最安値を更新したとニュースになりました。

またあるサイトで高金利通貨であるトルコリラスワップ(預金利子のようなもの)を使った投資法の記事を読んで、買ってみました。

 

 当時のトルコリラのレートは、25.5円(今は20円ぐらい)、スワップは、1万通貨当たり86円/日(86円×365日÷(25.5円×10.000)=12.3%/年)

 

 4万通貨買えば、毎月1万円の収入になる。  4×30日×86円=10,320円

との目論見でしたが、下落は止まらず、一部売却して損失が出ました。

 

FXの税金

 昨年の今頃は、仮想通貨が高騰して税金はどうなるのかとの声もありました。FXも仮想通貨と同じ、雑所得です。

 違うのが、平成24年から申告分離課税になって、税率は20.315%なので仮想通貨よりも税金面で恵まれています。

 

・一般的な会社員の場合、20万を超える利益があった場合、確定申告が必要。

・複数の会社でFXをしている場合は、各社の損益を通算できる(損益通算)

・損失を3年間繰り越して、来年度以降利益が出れば相殺できる(繰越控除)

・損益通算や繰越控除が、FXについてだけできて、おなじ雑所得の年金にかかる税金等が安くなることはありません。

・申告書は、一般的な「給与・公的年金専用」ではなくて、「すべての所得対応」になります。

 

最後に

確定申告すると税金の勉強になります。

FXの損失も、来年以降20万円をこえる利益がでなければ、繰越の意味はないかもしれません。

所得税が安くなると住民税が安くなるメリットもあります。

確定申告は、費用もかからないし、e-taxでPCで作成して送信するだけです。

やってみましょう。